You are here

AVR Studio

AVR StudioはAVRチップのプログラム開発を行う上で中核となるIDE:統合開発環境です。AVR Studio上でプログラムの編集、コンパイル・アセンブル、チップへの書き込み、デバッグなどを行うことが出来ます。

AVR Studioのソフトウェアやドキュメントは、以下のページから無償でダウンロードできます。新規にAVR Studioをダウンロードする際には、名前や住所などを登録する必要があります。

。。。でもこちらからだと名前や住所の入力はなく、対象のファイルをクリックするといきなりダウンロードできてしまいますね。。。

プログラミング言語

AVR Studioのパッケージにはアセンブラのみが付属しており、C言語などの高級言語の処理系は含まれていません。しかしながら、GNU GCCをベースとしたWinAVRというオープンソースのC/C++コンパイラが無償で提供されており、これをAVR Studioに組み込むことで、C言語を利用した快適な開発環境を構築することができます。

プログラム書き込み

AVR Studioには、プログラムライタの制御機能も組み込まれており、コンパイル・リンクした実行ファイルをAVR Studioの中で、ターゲットチップに書き込むことができます。以下のような、代表的なプログラムライタを利用することができます。

ヘルプ

AVR Studioのヘルプドキュメントは、AVR Studioの情報だけでなく、AVRの開発をする上で重要なさまざまな情報が含まれているので、一度確認しておいたほうが良いでしょう。
ヘルプメニューの中のAVR Studio User Guideは、想像通りのAVR Studioの利用法を説明したドキュメントになっています。面白いところでは、標準ツールではないWinAVR/GNU GCCの利用法が、AVR Studio User Guideにしっかりと記載されています。
ヘルプメニューの中のAVR Tools User Guideは、ここにこのドキュメントがあることを知っていると大変役に立つのですが、知らないと場合によってはあわてることになる重要なファイルです。AVR Tools User Guideには、AVRISP mkIIをはじめとして、ATMELの開発ツールや評価ボードに関する利用法や重要な情報が詰まっています。ATMELの開発ツールなどは、Microchipの製品に比べるとパッケージが非常に淡白で、AVR Dragonにいたっては製品に何のドキュメントも付属しておらず、パッケージを開けた途端パニックに陥りそうになるのですが、そのドキュメントもAVR Tools User Guideにしっかり収録されています。まさに灯台下暗しという感じで、いつも利用しているIDEの奥底に隠されている感じです。

プロジェクト管理機能

また改めて。。。

開発ソフト: 
チップファミリー: