You are here

MOTOR-BOOSTER

MOTOR-BOOSTERの概要

MOTOR-BOOSTERは、モータードライバとRCサーボの接続端子を装備したシールドキットで、Arduinoで制御できるロボットや自動車の作成に利用できます。

IoT-BOOSTERの組み立て例


  • L9110モータードライバを2個装備し、2個のDCモーターを駆動できます。
  • モーターの駆動は、正転・反転の制御とPWMを利用した電力制御を行えます。
  • RCサーボモータを8個接続できるコネクタを装備しています。
  • LEDを2個搭載しています。
  • 5VのI2C機器を接続する端子を装備しています。
  • I2Cの信号を3.3Vに変換する回路を搭載しており、3.3VのI2C機器を接続する端子を装備しています。
  • RCサーボやNeoPixel/WS2812カラーLEDを接続できる端子を2個装備しています。
  • タクトスイッチを2個搭載しています。
  • 圧電サウンダーを搭載し、電子音を鳴らすことができます。
  • MPU6050加速度・ジャイロセンサーモジュールを搭載することができ、機体の姿勢や動きを取得することができます。

ネットショップ:


MOTOR-BOOSTERで使用しているL9110モータードライバの概要は以下の通りです。


  • ドライブ電圧: 2.5-12V
  • 継続的なドライブ能力: 800mA
  • ピークドライブ能力: 1.5A
  • 正転・反転が可能
  • PWMで電力制御可能


MOTOR-BOOSTERの回路図

MOTOR-BOOSTERの回路図を示します。

MOTOR-BOOSTERの回路図