You are here

CLCD-BOOSTERの回路図とピン配置

CLCD-BOOSTERの回路図

CLCD-BOOSTERの回路図を以下に示します。


ポート構成

CLCD-BOOSTERのデジタルポート、アナログポートのピン構成を示します。

デジタルポート

Arduinoポート 端子名 接続先 備考
D0 PD0/RXD XBee:DOUT JP7で分離可能
D1 PD1/TXD XBee:DIN JP6で分離可能
D2 PD2/INT0 文字LCDのR/~W JP3で分離可能
D3 PD3/INT1/OC2B 文字LCDのE PWM
D4 PD4/XCK/T0 文字LCDのRS
D5 PD5/OC0B/T1 CN3: PWM
D6 PD6/OC0A/AIN0 SW1 PWM
D7 PD7/AIN1 SW2
D8 PB0/CLKO/ICP1 SW3
D9 PB1/OC1A CN1:RCサーボ用コネクタ PWM
D10 PB2/~SS/OC1B CN2:RCサーボ用コネクタ PWM
D11 PB3/MOSI/OC2A PWM
D12 PB4/MISO
D13 PB5/SCK

アナログポート

Arduinoポート 端子名 接続先 備考
A0/D14 PA0/ADC0 LCD:DB4
A1/D15 PA1/ADC1 LCD:DB5
A2/D16 PA2/ADC2 LCD:DB6
A3/D17 PA3/ADC3 LCD:DB7
A4/D18 PA4/ADC4 JP4:光センサ
A5/D19 PA5/ADC5 JP5:温度センサ、VR

ジャンパーセッティング

ジャンパー 機能 設定
JP1 電源電圧の設定 5V:2-3をショート、3.3V:1-2をショート
JP2 非実装 -
JP3 文字LCDのR/W端子の制御 D2に接続:1-2をショート、GNDに接続:2-3をショート
JP4 光センサの接続 A4にフォトトランジスタを接続する場合にはショート、接続しない場合にはオープン
JP5 温度センサとVRの選択 A5に温度センサを接続:1-2をショート、VRの分圧値に接続:2-3をショート
JP6 XBeeへの送信出力の選択 ホスト側の電源電圧が5Vの場合には1-2をショート、3.3Vの場合には2-3をショート
JP7 XBeeの受信出力の接続 有効にするには1-2をショート、無効にするには2-3をショート(オープン)
JP8 XBeeによるリセット 有効にするにはショート、無効にするにはオープン
開発ソフト: 
技術: