You are here

ESP8266-CORE

ESP8266-COREはESP-WROOM-02を単なるWiFiの無線LAN装置としてではなく、32ビットプロセッサを搭載した無線LAN機能付のMCUとして利用するために開発されたボードです。

ESP8266-CORE-R1 (組立済)

ESP8266-COREの特徴を以下に示します。


  • ESP-WROOM-02はマイクロコントローラ(MCU)として32ビットプロセッサを内蔵しており、Arduino UNOなどと比較して大容量のFLASHとRAMを利用できます。
  • ESP-WROOM-02は、WiFi無線LAN機能を標準で利用できます。
  • USBインターフェースを装備し、Arduino IDEを利用してPCから簡単にスケッチを書き込むことができます。
  • ブレッドボードを利用した実験を行いやすいように細い形状にしています。
  • 様々な応用に対応した拡張ボードが用意されています。
  • 電子工作で広く利用されているArduino IDEや、IoT用の開発環境として注目されているNodeMCU(LUA)を利用してプログラムの開発を行えます。
  • 基板サイズ:48.3mm X 20.3mm

ネットショップ:


ESP8266-CORE-R1(組立済)

ESP8266-COREには、様々な用途の拡張ボードが用意されています。
用途に応じて適切な拡張ボードをご利用いただくことで、効率よく様々な分野にご活用いただくことができます。

IoTシステムの試作や実験には、ESP8266-IoT-BASEをご活用いただくことができます。

ESP8266-IoT-BASEの利用例

DCモーターを利用するロボット・自動車等の実験には、ESP8266-MOTOR-BASEをご活用いただくことができます。

ESP8266-MOTOR-BASEの利用例

ESP8266-COREの利用法は、以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/esp8266/workshop/index
ESP8266-COREのBlynkでのIoT利用は、以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/iot/blynk/esp8266/index
ESP8266-COREのThingSpeakでのIoT利用は、以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/iot/thingspeak/esp8266/index

ESP8266-COREのブレッドボードへの装着

ESP8266-CORE-R1回路図

ソフトウェア開発環境

開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: 
技術: