You are here

TRIAL-ESP8266-LEAF

ESP8266-LEAFはESP-WROOM-02を単なるWiFiの無線LAN装置としてではなく、32ビットプロセッサを搭載した無線LAN機能付のMCUとして利用するために開発されたボードです。

その試作品のTRIAL-ESP8266-LEAFを紹介します。
TRIAL-ESP8266-LEAFは、本来ESP8266-LEAFの製品版として製造したものですが、仕様の変更で試作品扱いになったものを、低価格品としてご提供するものです。

ネットショップ:


TRIAL-ESP8266-LEAF組み立て済


TRIAL-ESP8266-LEAFキットのご購入はこちら

キットにESP-WROOM-02は同梱されていません。

TRIAL-ESP8266-LEAFキット

TRIAL-ESP8266-LEAFの特徴を以下に示します。


  • ESP-WROOM-02を搭載することにより、WiFi無線LAN機能を標準で利用できます。
  • ESP-WROOM-02はマイクロコントローラ(MCU)として32ビットプロセッサを内蔵しており、Arduino UNOなどと比較して大容量のFLASHとRAMを利用できます。
  • USBインターフェースを装備し、Arduino IDEを利用してPCから簡単にスケッチを書き込むことができます。
  • 使用者の自由な発想でハードウェア的に機能拡張するための信号線が引き出されています。
  • 拡張用の信号線は、基板上部の一列のピンヘッダーに引き出されており、ブレッドボードに挿して利用できます。
  • 電子工作で広く利用されているArduino IDEや、IoT用の開発環境として注目されているNodeMCU(LUA)を利用してプログラムの開発を行えます。
  • 基板サイズ:49.5mmW X 40.6mmH

TRIAL-ESP8266-LEAFの機能は基本的にESP8266-LEAFと同じですが、以下の点が異なっています。


  • 在庫がなくなったら原則として再生産しません。
  • ESP8266-LEAFとは、基板上部のピンヘッダー・ピンフレーム取り付け位置が異なります。
  • ピンフレームなどESP8266-LEAFに含まれる部品が一部同梱されていません。
  • その他、ESP8266-LEAFと異なる点があります。

TRIAL-ESP8266-LEAF回路図

ソフトウェア開発環境

Webサーバーのサンプルスケッチ

#include <ESP8266WiFi.h>
#include <ESP8266WebServer.h>

const char ssid[] = "ESP8266";

ESP8266WebServer server(80);

void handleRoot()
{
  String msg = "<html><head><title>ESP8266 WebSerber</title>"
               "</head><body><h1>Hello MicroFan!</h1>" ;

  server.send(200, "text/html", msg + "<hr>"
              "<h1>" + millis() + "</h1></body></html>");
}

void setup()
{
  WiFi.softAP(ssid); // パスワードなし
  server.on("/", handleRoot);
  server.begin();

  Serial.begin(115200);
  Serial.println();
  Serial.print("WebServer IP address: ");
  Serial.println(WiFi.softAPIP());
}

void loop()
{
  server.handleClient();
}
開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: 
技術: