You are here

UNO: BlynkでRCサーボ

Arduino UNOにRCサーボを接続してみましょう。
ここでは、電源と信号線の距離の関係で、RCサーボをGNDとA0に繋ぎました。

UNOに接続したRCサーボ

#include <BlynkSimpleStream.h>
#include <Servo.h>

// BlynkのAuth Tokenを設定
char auth[] = "YOURAPPAUTHTOKEN" ;

#define SERVO 14 // A0です

Servo servo;

// V0の範囲は-90~90
BLYNK_WRITE(V0)
{
  servo.write(param.asInt() + 90) ; // write() の引数の範囲は0-180
}

void setup()
{
  servo.attach(SERVO) ; // RCサーボ用のピンを割り当て

  Serial.begin(9600) ; // シリアルはモニター用ではなくネット通信に使用
  Blynk.begin(Serial, auth) ; // USBのシリアル通信でネットと接続
  Blynk.syncAll() ; // サーバーに記録されているピンの状態を復元
}

void loop()
{
  Blynk.run() ;
}

スマートフォンのBlynkアプリでは、Sliderを追加し、以下のように設定しました。


  • PIN: Virtual V0, 範囲は -90-90
  • SEND ON RELEASE: OFF

開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: