You are here

文字LCDの利用

文字LCDに単純なメッセージを出力する簡単なプログラムを作成します。

文字LCDは通常5Vの電源を必要とします。一方、PIC24Fは3.3V電源を利用するため、文字LCDを利用するためには、一般的には別途5Vの電源を用意する必要があります。

PIC24F-MOD-GA002Uは、USBに接続して利用する場合、連結ピンの19番ピンからUSBバスの5Vを引き出せる様になっています。このため、これを文字LCDの電源として利用すれば、5V電源を別途用意する必要はなく、手軽に文字LCDを利用することがdきます。他の回路も5V電源が必要であれば、同様にPIC24F-MOD-GA002Uの19番ピンから電源を確保できます。

PICSYSでは、文字LCDは4ビットモードで利用します。文字LCDの信号端子は、PIC24FJ64GA002と以下の表の様に接続するものとします。この表に基づき、ブレッドボードなどで、文字LCDとPIC24F-MOD-GA002Uの接続を行います、プログラムでは、この接続に基づき、CLDC_init()関数の引数を指定します。

端子名 接続 備考
RS RB4
E RB5
R/W GND
DB4 RB0
DB5 RB1
DB6 RB2
DB7 RB3

clcd.c: 文字LCDの利用



#include "picsys24.h" void setup() { CLCD_init(RB(4), RB(5), RB(0), RB(1), RB(2), RB(3)) ; CLCD_puts("Hello!") ; CLCD_pos(1, 0) ; // カーソルを2行目の先頭に CLCD_puts("MicroFan") ; } void loop() { }
開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: 
技術: