You are here

USBディスプレイ

USBで送られてきた文字をUSBにエコーバックするとともに、LCDに表示します。

usbdisp1.c: USBからの文字列をLCDに表示



#include "picsys24.h" void setup() { GLCD_initDefault() ; Serial1_begin(19200) ; } void loop() { int c ; if (Serial1_available()) { c = Serial1_getc(); Serial1_putc(c); GLCD_putc(c) ; if (c == '\r') { Serial1_putc('\n') ; GLCD_putc('\n') ; } } }

次の例は、LCDの下半分の4行のみをスクロール表示領域として設定し、そこにUSBから送られてきた文字を出力します。

setup()で出力した最初の3行の文字列はスクロール領域外に表示されているため、USBからの送られてきた文字がスクロールしても影響を受けません。

usbdisp2.c: USBからの文字列をLCDに表示



#include "picsys24.h" void setup() { GLCD_initDefault() ; Serial1_begin(19200) ; GLCD_puts("MicroFan") ; GLCD_cusorPos(1, 0); GLCD_puts("DUO-GL128-PIC24F") ; GLCD_cusorPos(2, 0); GLCD_puts("PICSYS24 Ready Canvas") ; GLCD_setScroll(4, 7) ; // 4-7行目のみをスクロール領域にする GLCD_cusorPos(4, 0) ; // スクロール領域の最初の行へ } void loop() { int c ; if (Serial1_available()) { c = Serial1_getc(); Serial1_putc(c); GLCD_putc(c) ; if (c == '\r') { Serial1_putc('\n') ; GLCD_putc('\n') ; } } }
開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: