DUAL-DML-STACK

DUAL-DML-STACK は8x8のドットマトリックスLEDを2個装備した、Arduino UNO/MEGA R3用シールドキットです。

DUAL-DML-STACKの組み立て例

DUAL-DML-STACK の特徴を以下に示します。


  • I2Cインターフェースを利用した8x8のドットマトリックスLED2個を装備し、信号線2本のみで制御できます。
  • タクトスイッチによる入力や機能の選択を行えます。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • リアルタイムクロックDS3231モジュール、超音波距離センサーHR-04モジュールの接続端子を装備しています。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

TRIAL-ESP8266-LEAF

ESP8266-LEAFはESP-WROOM-02を単なるWiFiの無線LAN装置としてではなく、32ビットプロセッサを搭載した無線LAN機能付のMCUとして利用するために開発されたボードです。

その試作品のTRIAL-ESP8266-LEAFを紹介します。
TRIAL-ESP8266-LEAFは、本来ESP8266-LEAFの製品版として製造したものですが、仕様の変更で試作品扱いになったものを、低価格品としてご提供するものです。

ネットショップ:


TRIAL-ESP8266-LEAF組み立て済

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP8266-BLADE

ESP8266-BLADEはESP-WROOM-02を単なるWiFiの無線LAN装置としてではなく、32ビットプロセッサを搭載した無線LAN機能付のMCUとして利用するために開発されたボードです。また、ESP8266の稼働時に必要となる様々な情報をモニタリングできるように、文字液晶ディスプレイを標準で搭載しています。

その試作品のTRIAL-ESP8266-BLADEを紹介します。
TRIAL-ESP8266-BLADEは、本来ESP8266-BLADEの製品版として製造したものですが、仕様の変更で試作品扱いになったものを、低価格品としてご提供するものです。
キットにESP-WROOM-02は同梱されていません。

ネットショップ:

TRIAL-ESP8266-BLADE

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PLUSシリーズ:ミニシールド

Arduinoで実験や試作をしていて面倒に感じたり、不自由に感じたりしたことはありませんか?

PLUSシリーズミニシールド:CLCD-PLUS

以下のような問題意識への回答としてPLUS/BITSシリーズのミニシールドを開発しました。(待ってても出てこない様なので :-O)

開発ソフト: 

GLCD-PLUS グラフィック液晶ミニシールド

ArduinoにグラフィックLCD、MicroSD、スイッチなどを接続するミニシールドです。表現力の高いグラフィック表示機能と、MicroSDの読み書き機能をArduinoボードに接続して手軽に利用できるため、Arduino利用者にオススメの1台です。

ネットショップ:

ボードは組み立て済みですのですぐにご利用いただけます。

開発ソフト: 

PICSYS24-STICK

PIC24FJ64GB002チップ、USBインターフェース、LED2個、スイッチ2個を搭載したMCUモジュールです。組み立て済です。

ネットショップ:

PICSYS24-STICK

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PICSYS18-STICK

PIC18F26J50チップ、USBインターフェース、LED2個、スイッチ2個を搭載したMCUモジュールです。組み立て済です。

ネットショップ:

PICSYS18-STICK

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PICSYS18をはじめよう

PICSYS18でのプログラムの作成法を説明します。
最初は少し面倒に思われるかもしれませんが、1度MPLABのプロジェクトを作ってしまえば、それを使いまわしできるので、2個目以降のプログラムの作成はとても楽になります。:-)

○ PICSYS18のパッケージ内容

PICSYS(1.00以降:現状ではPICSYS18のみ)のパッケージ内容を簡単に説明します。

PICSYSのパッケージ内容

開発ソフト: 

PICSYS18-XBEEでUSB-XBEE

お待たせしていましたが、PICSYS18-1.00RCでは、やっとUSB(CDC)が使えるようになりました。PICSYS18-XBEEでこの機能を利用すると、PC-XBEE接続も以下のように簡単に記述できます。(データをリレーしてるだけだけどね。。。:-P)

PICSYS18-XBEEへのXBEEの搭載例

Arduinoと異なり、PICSYS18-XBEEのUSB通信路とXBEEへのシリアル通信路は完全に独立しているので、ブートローダーによるMCUへのプログラムの書き込み時にXBEEの接続回路を変更する必要もないし、XBEEとUSB経由のPCとの連携も簡単に行えます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PICSYS18-XBEE

PICSYS18-XBEEをサポートしたPICSYS18フレームワークのご提供を開始しました。USBブートローダも利用できます。USBブートローダーによるプログラムの書込み操作がMPLAB IDEと統合されていないので、Arduinoと比べると少しスマートさにかけますが、ハード的なプログラムライタを使わず気軽にプログラムを書き込めるのでお試しください。

PIC18F26J50チップ、USBインターフェース、LED2個、スイッチ5個、温度センサ、光センサを搭載したArduino形状のPICSYS18ボードです。Arduinoのリファレンスボードと同様に、さまざまなプロジェクトのベースボードとして利用できるだけでなく、単体でもいろいろな活用が楽しめます。

ネットショップ:

PICSYS18-XBEE

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to マイクロファン ラボ RSS