ESP32-DEVC-KEY

ESP32-DEVC-KEYの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ご自身ではんだ付けするキットです。ESP32-DEVKITCは別売りです。


  • ESP32-DEVKITC(別売)をブレッドボードで利用する際の利便性を高める端子幅の変換基板キットです。
  • ACアダプタ用のDCジャックを備えています。
  • ACアダプタには、5V出力で2A程度の容量のものをご利用ください。
  • OLEDディスプレイ(別売)を接続するコネクタを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • 5V用のI2Cデバイスの接続回路を備えています。
  • USBケーブルや電源ケーブルが邪魔にならないように、それらのコネクタを奥側に配置しています。
  • 内部のフラッシュメモリに接続されているESP-WROOM-32の17-22ピンはブレッドボード用にピンとは別に引き出されています。


ESP32-DEVC-KEY-R1(キット)

ネットショップ:


ESP32-DEVC-KEY(組み立て例:別売りのESP32-DevKitCを含む)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266-LEAF

ESP8266-LEAFはESP-WROOM-02を単なるWiFiの無線LAN装置としてではなく、32ビットプロセッサを搭載した無線LAN機能付のMCUとして利用するために開発されたボードです。

ESP8266-LEAFの特徴を以下に示します。


  • ESP-WROOM-02はマイクロコントローラ(MCU)として32ビットプロセッサを内蔵しており、Arduino UNOなどと比較して大容量のFLASHとRAMを利用できます。
  • ESP-WROOM-02は、WiFi無線LAN機能を標準で利用できます。
  • USBインターフェースを装備し、Arduino IDEを利用してPCから簡単にスケッチを書き込むことができます。
  • 使用者の自由な発想でハードウェア的に機能拡張するための信号線が引き出されています。
  • 拡張用の信号線は、基板上部の一列のピンヘッダーに引き出されており、ブレッドボードに挿して利用できます。
  • 電子工作で広く利用されているArduino IDEや、IoT用の開発環境として注目されているNodeMCU(LUA)を利用してプログラムの開発を行えます。
  • 基板サイズ:49.5mmW X 40.6mmH

ESP8266-LEAFの利用法は、以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/esp8266/workshop/index
ESP8266-LEAFのBlynkでのIoT利用は、以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/iot/blynk/esp8266/index
ESP8266-LEAFのThingSpeakでのIoT利用は、以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/iot/thingspeak/esp8266/index


ESP8266-LEAF-R5(組立済)

ネットショップ:

ESP8266-LEAF-R5には以下のような拡張機能が組み込まれており、ボードのみで様々な応用が可能です。


  • 明るさセンサーを搭載しています。
  • 赤外線LEDを搭載しています。
  • 5VインターフェースのRCサーボ/WS2812(NeoPixel)カラーLEDを接続できる回路と端子を搭載しています。
  • OLEDディスプレイを搭載できます。
  • BME280環境センサーを搭載できます。
  • MPU6050加速度・ジャイロセンサーを搭載できます。

ESP8266-LEAF-R5 (組立済)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

RASPI-HOME

RASPI-HOMEはRaspberry Pi 3用の強力な拡張ボードです。

IoTなどの試作・実験に最適なデバイスを一つのボードにまとめました。


  • 128x64ドットの鮮やかな発色のOLEDディスプレイを装備しており、文字表示やグラフィック表示を行うことができます。
  • 基本的な入出力として、4個のタクトスイッチ、2個のLED、圧電サウンダーを装備しています。
  • BME280環境センサーを装備しており、温度、湿度、気圧などを計測することができます。
  • 赤外線リモコン用の赤外線LEDと赤外線レシーバーを装備しています。
  • MPU6050加速度・ジャイロセンサー(別売り)を接続できます。
  • HC-SR04超音波距離センサー(別売り)を接続できます。
  • 5VのI2Cデバイスの接続用コネクターを装備しています。
  • RCサーボや、WS2812カラーLEDを接続可能な端子を装備しています。
  • GPIOの信号線を引き出すための端子を装備しています。

ネットショップ:

RASPI-HOMR-R2(組立済)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

CLCD-STACK

CLCD-STACK は基本的で利用範囲の広い16 文字× 2 行の文字液晶表示器を装備した、Arduino UNO/MEGALeonardo/DUE R3用シールドキットです。CLCD-STACK はArduino の入門者にはもちろんですが、Arduino の基本機能を一通り習得し、応用に取り組みたい人が手元に置いておくと重宝する文字液晶シールドです。

CLCD-STACKの組み立て例

CLCD-STACK の特徴を以下に示します。


  • I2Cインターフェースを利用した16文字×2行の文字液晶ディスプレイを装備し、信号線2本のみで制御できます。
  • LiquidCristalと互換のST7032ライブラリを提供しており、すぐに利用することができます。
  • タクトスイッチによる入力や機能の選択を行えます。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • リアルタイムクロックDS3231モジュール、超音波距離センサーHR-04モジュールの接続端子を装備しています。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

DUAL-DML-STACK

DUAL-DML-STACK は8x8のドットマトリックスLEDを2個装備した、Arduino UNO/MEGA R3用シールドキットです。

DUAL-DML-STACKの組み立て例

DUAL-DML-STACK の特徴を以下に示します。


  • I2Cインターフェースを利用した8x8のドットマトリックスLED2個を装備し、信号線2本のみで制御できます。
  • タクトスイッチによる入力や機能の選択を行えます。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • リアルタイムクロックDS3231モジュール、超音波距離センサーHR-04モジュールの接続端子を装備しています。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

PLUSシリーズ:ミニシールド

Arduinoで実験や試作をしていて面倒に感じたり、不自由に感じたりしたことはありませんか?

PLUSシリーズミニシールド:CLCD-PLUS

以下のような問題意識への回答としてPLUS/BITSシリーズのミニシールドを開発しました。(待ってても出てこない様なので :-O)

開発ソフト: 

PICSYS18-XBEE

PICSYS18-XBEEをサポートしたPICSYS18フレームワークのご提供を開始しました。USBブートローダも利用できます。USBブートローダーによるプログラムの書込み操作がMPLAB IDEと統合されていないので、Arduinoと比べると少しスマートさにかけますが、ハード的なプログラムライタを使わず気軽にプログラムを書き込めるのでお試しください。

PIC18F26J50チップ、USBインターフェース、LED2個、スイッチ5個、温度センサ、光センサを搭載したArduino形状のPICSYS18ボードです。Arduinoのリファレンスボードと同様に、さまざまなプロジェクトのベースボードとして利用できるだけでなく、単体でもいろいろな活用が楽しめます。

ネットショップ:

PICSYS18-XBEE

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PICSYS18-SP

PICSYS18-SPをサポートしたPICSYS18フレームワークのご提供を開始しました。USBブートローダも利用できます。USBブートローダーによるプログラムの書込み操作がMPLAB IDEと統合されていないので、Arduinoと比べると少しスマートさにかけますが、ハード的なプログラムライタを使わず気軽にプログラムを書き込めるのでお試しください。

PICSYS18-SPは、マイコン入門に適したさまざまな入出力装置がボード上に実装されたオールインワン・マイコンボードです。ボード上の入出力装置は、PICSYS18を利用して簡単に利用することができます。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

CLCD-BOOSTER

CQ出版者様のCQエレクトロニクス・セミナにCLCD-BOOSTERが採用されました。2009年8月8日、22日から実施されるAVR実習にご参加の上CLCD-BOOSTERをご活用ください。

ArduinoのリファレンスボードやPICSYSのArduinoスタイルボードに文字LCD、スイッチ、温度・光センサ、XBeeなどを一括接続するいわゆるシールドです。 標準的な入出力装置群を一括してArduinoボードに接続して手軽に利用できるため、初心者にもヘビーユーザにもオススメの1台です。

ネットショップ:好評発売中

ボードは組み立て済みですのですぐにご利用いただけます。

CLCD-BOOSTER

Arduino IDEの標準ライブラリとして提供されているLiquidCrystalライブラリを利用して文字LCDにメッセージを出力してみました。

開発ソフト: 

ページ

Subscribe to マイクロファン ラボ RSS