You are here

ドットマトリックスLED(1)

PICSYS18では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS18が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用



#include "picsys18.h" void setup() { DML_init(SR_DAT, SR_CLK, SEG1, SEG2, SEG3, SEG4) ; pinMode(SW1, INPUT) ; pinMode(SW2, INPUT) ; pinMode(SW3, INPUT) ; pinMode(SW4, INPUT) ; pinMode(SW5, INPUT) ; pinMode(SW6, INPUT) ; } int xpos = 0 ; int ypos = 0 ; byte color = DML_DOT_ORANGE ; void loop() { delayMilliseconds(100) ; /* 表示ドットの上下移動 */ if (digitalRead(SW1) == LOW) ypos += 1 ; if (digitalRead(SW2) == LOW) ypos -= 1 ; /* 表示ドットの左右移動 */ if (digitalRead(SW3) == LOW) xpos -= 1 ; if (digitalRead(SW4) == LOW) xpos += 1 ; /* 表示ドットの色変更 */ if (digitalRead(SW5) == LOW) color = DML_DOT_RED ; if (digitalRead(SW6) == LOW) color = DML_DOT_GREEN ; /* 値は0から7 */ if (xpos > 7) xpos = 7 ; if (xpos < 0) xpos = 0 ; if (ypos > 7) ypos = 7 ; if (ypos < 0) ypos = 0 ; DML_clear() ; // 一度消して DML_plot(xpos, ypos, color) ; // 書き直し }

左の十字ボタンSW1-SW4でドットを上下左右に移動させ、右側のSW5,SW6でドットの色を変更するプログラムです。

開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: