You are here

PIC18F26J50

PIC18F26J50は、USB機能を内蔵した新世代のPIC18チップです。
USBを内蔵したPICとして広く用いられているPIC18F2550や、ArduinoのコアチップであるATmega328Pとの大まかな比較を以下に示します。

項目 PIC18F26J50 PIC18F2550 ATMEGA328P
稼働電圧 3.3V 3.3V-5V 3.3V-5V
プログラムメモリ 64KB 32KB 32KB
RAM 3.7KB 2KB 2KB
性能 12MIPS 12MIPS 20MIPS
内蔵発信器 48MHz 8MHz 8MHz
USB ×
タイマー 5 4 3
AD変換 10 10 6
USART 2 1 1
I/Oピン割当機能 × ×

高精度内蔵発信器

PIC18F26J50には高精度の発信器が内蔵されており、クリスタルなどを外付けせずにUSBの通信機能を利用することができます。
内蔵発信器の精度は、USB機能の利用に耐えられる0.15%となっており、通常0.3%-0.5%の精度となっているセラロックなどよりも高い精度を、外付け部品なしで実現できるという特徴を持っています。

また、PLLを内蔵しており、外付け部品なしでチップの最高動作速度である48MHzのCPUクロックで稼動させることができます。

USB機能

メモリ

I/Oピン割付

ファミリー

チップファミリー: 
技術: