You are here

PICSYS16をはじめよう

PICSYS16でのプログラムの作成法を説明します。

PICSYS16-CLCD

最初は少し面倒に思われるかもしれませんが、1度MPLABのプロジェクトを作ってしまえば、それを使いまわしできるので、2個目以降のプログラムの作成はとても楽になります。:-)

○ PICSYS16のパッケージ内容

PICSYS16のパッケージ内容を簡単に説明します。

PICSYS16のパッケージ内容

  • BOARD: PICSYSを利用できるマイクロファン製品のボードごとのピン配置などが記載されたヘッダーファイル群が格納されています。
  • SAMPLE: PICSYSを利用できるマイクロファン製品のボードごとのサンプルプロジェクト群が格納されています。
  • SRC: PICSYSのソースファイルです。

○ PICSYS16の利用環境

PICSYS16を利用するために必要なソフトウェアを以下に示します。

  • MPLAB IDE (v8.36で動作確認)
  • HI-TECH C PRO (V9.56PL1:MPLAB IDE v8.36に同梱されているコンパイラで動作確認)
  • PICSYS16パッケージ

このほかに、作成されたプログラムをターゲットに書き込むために、PICkit2/3などのプログラムライタが必要です。もちろんマイクロファンのボードもね :-)

PICSYS16を利用できるボードを以下に示します。

PICSYS16の利用には、PICSYS16-CLCDが最適です。PICSYS16-CLCDには、さまざまな改良が施された新世代のPIC16F1939が搭載されています。PIC16F1939の改良の中でも、特にスタックが8レベルから16レベルに拡張されたことがC言語での利用に大きく役立っています。

○ プロジェクトの作成

PICSYS16を利用するためのMPLAB IDEでのセットアップ作業は以下の通りです。

  • 新規プロジェクトの作成
  • デバイス(PICチップ)の指定
  • 使用コンパイラの確認
  • インクルードパスの指定
  • マクロ定義の指定
  • コールグラフの出力指定
  • PICSYSライブラリのソースファイルの登録
  • 利用者自身のソースファイルの登録

PICSYS16のプロジェクト例

上記の画面は、PIC-DEV-690RL用のプロジェクトを作成した例です。プロジェクトに以下のようなファイルの登録を行っています。

  • ソースファイルの作成と登録:clcd.c
  • PICSYS16ソースファイルの登録:SRCフォルダから

PICチップの設定

MPALB IDEの[Configure - Select Device...]メニューを開き、PIC-DEV-690RLの場合には、そのMCUであるPIC16F690を設定します。

コンパイラの確認

MPLAB IDEの[Project - Build Options... - Project]を選択します。ウィンドウが開くので、[Driver]タブを選択し、HITECH C PROコンパイラが選択されていることを確認します。

インクルードパスの設定

MPLAB IDEの[Project - Build Options... - Project]を選択します。ウィンドウが開くので、[Directories]タブを選択し、[Show directories for:]のプルダウンリストで、[Include Search Path]を選択し、PICSYS16のソースファイルのディレクトリをインクルードパスとして設定します。

マクロ定義の設定

MPLAB IDEの[Project - Build Options... - Project]を選択します。ウィンドウが開くので、[Compiler]タブを選択し、プロジェクトに必要なマクロを定義します。

  • 使用ボードの指定:PIC_DEV_690RLなど
  • 表示装置の指定:USE_CLCDなど
  • 発信器の指定:INT_OSC=8MHzなど

リンカーにコールグラフの出力指定

MPLAB IDEの[Project - Build Options... - Project]を選択します。ウィンドウが開くので、[Linker]タブを選択し、詳細なコールグラフを出力するように指定します。

開発ソフト: 
チップファミリー: