You are here

PICSYS18-XBEE

PICSYS18-XBEEをサポートしたPICSYS18フレームワークのご提供を開始しました。USBブートローダも利用できます。USBブートローダーによるプログラムの書込み操作がMPLAB IDEと統合されていないので、Arduinoと比べると少しスマートさにかけますが、ハード的なプログラムライタを使わず気軽にプログラムを書き込めるのでお試しください。

PIC18F26J50チップ、USBインターフェース、LED2個、スイッチ5個、温度センサ、光センサを搭載したArduino形状のPICSYS18ボードです。Arduinoのリファレンスボードと同様に、さまざまなプロジェクトのベースボードとして利用できるだけでなく、単体でもいろいろな活用が楽しめます。

ネットショップ:

PICSYS18-XBEE


PICSYS18-XBEEの概要

  • Arduinoのリファレンスボードを少し長くしたサイズで、ピンフレームの配置や機能はArduinoに準拠しています
  • MCUはPIC18F26J50:12MIPS,FLASH64KB,RAM4KB(FALSH,RAMはATmega328Pの約2倍!!!)
  • 稼動電圧は3.3Vで、SDカード、イーサチップ、XBEEなどの3.3V稼動装置と直接I/O接続できます
  • USBの通信機能はMCUに組み込まれており、単純なRS232Cエミュレーションだけでなく、HIDやMSDなどの本格的なUSB装置を作成することも可能です
  • ボード上に直接XBeeを搭載できます
  • MCUとPCは、MCU内蔵のUSB機能で通信するので、USBによるPCとの通信とシリアルによるXBeeの通信を両立できます
  • タクトスイッチが5個実装されているので、マウスなどのHIDデバイスの実装実験を手軽に行えます
  • 光センサ、温度センサ、RCサーボ用コネクタなどを実装しています
  • CLCD-BOOSTERを接続して、文字LCD、ドットマトリックスLED、7セグメントLEDなどの表示装置を追加することが出来ます
  • DCアダプタの電圧は5Vを推奨

CLCD-BOOSTERとの接続例

開発ソフト: 
チップファミリー: 
MCUチップ: 
技術: 
プログラムライタ: