You are here

PIC24F

PICSYS24-STICK

PIC24FJ64GB002チップ、USBインターフェース、LED2個、スイッチ2個を搭載したMCUモジュールです。組み立て済です。

ネットショップ:

PICSYS24-STICK

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PICSYS24-CORE+CLCD-BOOSTERのセンサースケッチ

CLCD-BOOSTERのセンサーを利用するスケッチ

PICSYS24-COREに、CLCD-BOOSTERを搭載し、CLCD-BOOSTERに搭載されている温度センサーと光センサーを読み取って、文字LCDに値を出力すると例をPICSYS24でスケッチしてみました。

PICSYS24-COREでCLCD-BOOSTERを利用したスケッチの実行例

上の写真を見てください。ArduinoにCLCD-BOOSTERを乗せたもの???ではありません。ベースのボードが黒く微妙にArduinoと異なってますよね。PICSYS24-COREです。:-)

開発ソフト: 
技術: 

PICSYS24-CORE

16ビットMCUのPIC24Fを搭載したPICSYSのコンパクトプラットフォームです。
Arduinoのリファレンスボードと同じサイズですが、8ビットMCUを利用しているArduinoに比べて高性能であるだけでなく、RAMの容量もATmega328Pに比べると8倍、Arduino MEGAに比べても2倍の16KBを搭載しており、様々な用途に余裕で対応できます。

ネットショップ:

PICSYS24-CORE

開発ソフト: 
技術: 

グラフィック表示

DUO-GL128-PIC24FのグラフィックLCDは幅128×縦64ドットの表示サイズです。
横軸がX軸、縦軸がY軸で、左下が原点(0, 0)になります。

glcd1.c: グラフィック表示

開発ソフト: 
MCUチップ: 

スイッチとLED

DUO-GL128-PIC24Fでは、グラフィックLCDの制御に多くの信号線を必要とする一方で、28ピンのPIC24Fでは使える信号線の数が限られているため、グラフィックLCDのデータ線と、スイッチの信号線を兼用する様に設計されています。このため、スイッチが接続されている信号線を単純に読むだけでは、グラフィックLCDのデータと混線してしまうという問題があります。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

USBディスプレイ

USBで送られてきた文字をUSBにエコーバックするとともに、LCDに表示します。

usbdisp1.c: USBからの文字列をLCDに表示

開発ソフト: 
MCUチップ: 

RCサーボの利用

サーボモータが要求する電流容量などに注意する必要がありますが、DUO-GL128-PIC24FのCN4にはRCサーボ2個を接続できる様に設計されており、CN4コネクタのVCCには、USBバスから得た5Vの電源電圧が供給され、RCサーボを駆動できるようになっています。RCサーボ用の電源はUSBから確保する様に設計されているため、電池駆動時にはRCサーボを利用できないのでご注意ください。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ビープ音の出力

PICSYS24では、1個の圧電サウンダ(あるいは相当品)を任意のI/Oピンに接続し、ビープ音を出力することができます。
圧電サウンダの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートに圧電サウンダを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PWMによるLED表示

LEDの明るさをPWMで制御する実験をします。

PICSYS24では、4個までのPWM出力を任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
PWM出力の制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにLEDなどを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

USBによるシリアル通信

USBで送られてきた文字をUSBにエコーバックするとともに、LCDに表示します。

usbecho1.c: USBのエコーバックプログラム

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - PIC24F