You are here

PIC16F886

PIC-GAME-2SX: PICSYS-1

PICSYS16では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS16が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PIC-GAME-2SXのプログラミング

ハードウェアの具体的な利用法として、HI-TECH Software社がフリーソフトとして提供しているCコンパイラPICC-Li

MCUチップ: 

PIC-GAME-2SXの製作手順

PIC-GAME-2Sは、1ドットあたり、赤と緑、そしてその混色の黄色の3色を発色できるドットマトリックスLEDを利用したゲームプログラミングに最適のPICマイコンキットです。

また、オプションとして、Gセンサーや可変抵抗器などを入力として接続し、アイディアしだいでいろいろな応用が可能なように設計されています。ここでは、基本的な組立て例を紹介します。

MCUチップ: 

PIC-GAME-2SX

概要

PIC16F886と2色ドットマトリックスLEDを利用したPICマイコンキットです。 あなたのプログラミングに音と光で応えます。

PIC16F886は、PIC16F876Aの後継チップで、機能が向上している一方でコストが下がっています。(プログラムは少し修正する必要があります。)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

LEDの点滅

PIC-DEV-690RLに搭載されているLEDを点滅させる簡単なスケッチを紹介します。

このスケッチは、以下のボードでもそのまま動きます。(MPLABプロジェクトのデバイス設定や、ボードを指定するマクロ定義などはそれぞれに合わせた変更が必要です)

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

USARTによるPCとの通信

単体で動くシステムやプログラムはそれはそれで面白いのですが、他のシステムなどの通信して連携して動くシステムやプログラムは、応用範囲が広がると共に、作っていてもわくわくしますよね。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

LCDへの文字表示

PIC-DEV-690RLに搭載されている文字LCDに文字を表示させる簡単なスケッチを紹介します。

このスケッチは、最初にタイトルクレジットを文字LCDに表示して3秒ほど待ち、その後に、0.1秒を単位でボードの起動後の経過時間を表示します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

LED点灯

PIC-DEV-886RLを評価ボードとして、PIC16F886のプログラム例を紹介します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PIC-DEV-886RL/R

キットの概要

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - PIC16F886