You are here

LED

ESP32: NeoPixel: WS2812 カラーLEDの利用

NeoPixel:WS2812はシリアル信号で発光色を指定できるカラーLEDで、数珠つなぎにして複数のカラーLEDを1信号端子で制御できます。
NeoPixel:WS2812の電源および信号電圧は5Vとなっています。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP32: PWMを利用したLEDの明るさ制御

ESP32のPWM機能を利用して、LEDの明るさを制御してみましょう。
使用するボードはESP32-DEVC-HOMEです。
http://www.microfan.jp/esp32/esp32-devc-home

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32: BlynkでNeoPixel: WS2812 カラーLED

NeoPixel:WS2812はシリアル信号で発光色を指定できるカラーLEDで、数珠つなぎにして複数のカラーLEDを1信号端子で制御できます。
NeoPixel:WS2812の電源および信号電圧は5Vとなっています。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP32: BlynkでPWM機能を使ったLEDの明るさ制御と音の出力

ESP32のPWM機能を利用して、LEDの明るさを制御するとともに、ピエゾスピーカー(圧電サウンダー)の音を鳴らしてみましょう。
使用するボードはESP32-DEVC-HOMEです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

裸のArduino UNOでBlynk

Blynkの最小スケッチ

イーサネットシールドなどを接続しない裸のArduino UNOとBlynkで遊ぶ最少のスケッチ。
誰でも(たぶん)持っているArduino UNOだけで、Blynkできます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP8266-LEAF-R5ではじめてのBlynk

Blynkの最小スケッチ

ESP8266-LEAF-R5でBlynkで遊ぶ最少のスケッチ。

このスケッチはBlynkの実質的に最少のスケッチで、ESP8266-LEAF-R5の構成に合わせた特別なコードは含まれていません。
実質的に、初期化のbegin()メソッドと、基本的な処理のrun()メソッドだけで何ができるでしょう?

#define BLYNK_PRINT Serial

#include <ESP8266WiFi.h>
#include <BlynkSimpleEsp8266.h>

// BlynkのAuth Tokenを設定
char auth[] = "YOURAPPAUTHTOKEN" ;

char ssid[] = "YOURSSID" ;
char pass[] = "YOURPASSWORD" ;

void setup()
{
  // Debug console
  Serial.begin(115200) ;

  Blynk.begin(auth, ssid, pass) ;
}

void loop()
{
  Blynk.run() ;
}
開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP8266: WS2812 - NeoPixel カラーLEDの使用

WS2812:NeoPixelのESP8266-LEAF-R5へ接続

NeoPixel/WS2812は電源も信号も定格が5Vとなっているため、生のESP-WROOM-02では、接続して適切に動かすことはできません。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP8266: LED操作

ESP8266-BLADE/LEAF/KEYを対象として、Arduino for ESP8266の利用例を示します。



BLINK:LEDの単純な点滅

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ROBOTA-UNO

準備中

高機能シールドだよ。
ROBOTA-UNOは魅力的な表示装置やセンサーなどの入出力装置をバランスよく装備した、ロボット形状のArduinoシールドキットです。

ROBOTA-UNOのご購入はこちら

ROBOTA-UNO-1

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - LED