You are here

USB

USBディスプレイ

USBで送られてきた文字をUSBにエコーバックするとともに、LCDに表示します。

usbdisp1.c: USBからの文字列をLCDに表示

開発ソフト: 
MCUチップ: 

USBによるシリアル通信

USBで送られてきた文字をUSBにエコーバックするとともに、LCDに表示します。

usbecho1.c: USBのエコーバックプログラム

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

USB経由のRCサーボ制御

PIC24F-MOD-GA002UにはUSB通信チップが実装されており、PCと簡単に通信することができます。ここでは、Windowsのハイパーターミナルなどを利用してキーボードから入力した数値でRCサーボの回転角を制御するプログラムを示します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

USBによるシリアル通信

PIC24F-MOD-GA002UにはUSB通信チップが実装されており、PCと簡単に通信することができます。USBによる通信は、PCからはCOMポートを利用したRS232Cに準じた使い方ができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PIC18-DEV-2550URL

まだテストが不十分ですが、USBブートローダーのご提供を開始しました。プログラムの書込み操作がMPLAB IDEと統合されていないので、Arduinoと比べると少しスマートさにかけますが、ハード的なプログラムライタを使わず気軽にプログラムを書き込めるのでお試しください。

MCUチップ: 

PIC24F-MOD-GA002U

概要

PIC24FJ64GA002とFT232RLを搭載した最強?のUSBインターフェース付きMCUモジュールです。USBを利用してPCと連携させ、強力なセンサーノードあるいはコントロールノードとして利用することが出来ます。コンパクトながら64KBのプログラムフラッシュと8KBのRAMの大容量メモリ、16ビットで16MIPSの処理速度を誇ります。

MCUチップ: 
技術: 

USBプログラミング

PIC18F用のPICSYSで、チップ内蔵のUSB機能(CDC)を利用したスケッチ(プログラミング)が行えるようになりました。

具体的には、以下のボードでUSBプログラミングを楽しむことができます。

技術: 

AT90USB162

AT90USB162は、チップにUSBインターフェースを内蔵したAVRマイコンです。マイクロファンは、多くの方々にUSBプログラミングを楽しんでいただけるよう、AT90USB162を搭載した以下の製品をご提供しています。

MCUチップ: 
技術: 

PIC18でのUSBプログラミング

PIC18ファミリには、USBインターフェースを搭載した多くのチップがあります。マイクロファンでは、40ピンDIP、28ピンDIP、28ピンSOICのポピュラーなチップを取り扱っています。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

REDUINO-NANO

ATMEGA168とFT232RLを搭載したコンパクトで強力なUSBインターフェース付きMCUモジュールです。

USBでPCと連携させ、強力なセンサーノードあるいはコントロールノードとして利用することが出来ます。また、電源はUSBコネクタから取得でき、基板から直接入出力端子を引き出せるので、PCとこのモジュールだけでいろいろな実験が行えます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - USB