You are here

圧電サウンダー

ESP8266-BLADE-CLCD

ESP8266-BLADE-CLCDはESP-WROOM-02を単なるWiFiの無線LAN装置としてではなく、32ビットプロセッサを搭載した無線LAN機能付のMCUとして利用するために開発されたボードです。また、ESP8266の稼働時に必要となる様々な情報をモニタリングできるように、文字液晶ディスプレイを標準で搭載しています。

ネットショップ:

ESP8266-BLADE-CLCD

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PIXEL-PLUS カラーグラフィック液晶ミニシールド

ArduinoにカラーグラフィックLCD、スイッチを接続するミニシールドです。表現力の高いカラーグラフィック表示機能をArduinoボードに接続して手軽に利用できるため、幅広いArduino利用者にオススメの1台です。

ネットショップ:

ボードは組み立て済みですのですぐにご利用いただけます。

開発ソフト: 

DLCD-PLUS グラフィック液晶ミニシールド

ArduinoにグラフィックLCD、圧電サウンダ、スイッチなどを接続するミニシールドです。表現力の高いグラフィック表示機能とスイッチをArduinoボードに接続して手軽に利用できるため、Arduino利用者にオススメの1台です。

ネットショップ:

DLCD-PLUS

開発ソフト: 

CLCD-PLUS 文字液晶ミニシールド

Arduinoに文字LCD、スイッチ、圧電ブザーを接続するミニシールドです。利用分野の広い文字表示機能をArduinoボードに接続して手軽に利用できるため、幅広いArduino利用者にオススメの1台です。

ネットショップ:

CLCD-PLUS

ボードはキットと組み立て済みで提供します。

開発ソフト: 

ビープ音の出力

PICSYS24では、1個の圧電サウンダ(あるいは相当品)を任意のI/Oピンに接続し、ビープ音を出力することができます。
圧電サウンダの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートに圧電サウンダを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ビープ音の出力

PIC24F-MOD-GA002Uには小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、L外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ビープ音の出力

PIC18F-MOD-2553には小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、LED、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PIC-GAME-2SX: PICSYS-1

PICSYS16では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS16が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ビープ音の出力

ビープ音の出力

PICSYS18では、1個の圧電サウンダ(あるいは相当品)を任意のI/Oピンに接続し、ビープ音を出力することができます。
圧電サウンダの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートに圧電サウンダを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PIC18-DEV-2550URL

まだテストが不十分ですが、USBブートローダーのご提供を開始しました。プログラムの書込み操作がMPLAB IDEと統合されていないので、Arduinoと比べると少しスマートさにかけますが、ハード的なプログラムライタを使わず気軽にプログラムを書き込めるのでお試しください。

MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - 圧電サウンダー