You are here

圧電サウンダー

PIC-GAME-2SX: PICSYS-1

PICSYS16では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS16が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ビープ音の出力

ビープ音の出力

PICSYS18では、1個の圧電サウンダ(あるいは相当品)を任意のI/Oピンに接続し、ビープ音を出力することができます。
圧電サウンダの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートに圧電サウンダを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PIC18-DEV-2550URL

まだテストが不十分ですが、USBブートローダーのご提供を開始しました。プログラムの書込み操作がMPLAB IDEと統合されていないので、Arduinoと比べると少しスマートさにかけますが、ハード的なプログラムライタを使わず気軽にプログラムを書き込めるのでお試しください。

MCUチップ: 

AVR-PICO-3Sのプログラミング

IOポート初期化手順

IOの初期化は、基本的にピンの割付表にしたがって行うだけなので、簡単に行えます。

入出力デバイス利用コードサンプル

プログラムの作成条件

開発ソフト: 
MCUチップ: 

AVR-PICO-2Sのプログラミング

IOポート初期化手順

IOの初期化は、基本的にピンの割付表にしたがって行うだけなので、簡単に行えます。

入出力デバイス利用コードサンプル

プログラムの作成条件

開発ソフト: 
MCUチップ: 

AVR-GAME-2Sのプログラミング

IOポート初期化手順

IOの初期化は、基本的にピンの割付表にしたがって行うだけなので、簡単に行えます。

入出力デバイス利用コードサンプル

プログラムの作成条件

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - 圧電サウンダー