You are here

Arduino

REDUINO-GHOST

News

Sanguino v1.4が2009/2/17にリリースされました。Arduino-0013に対応した差分パッケージになっています。


REDUINO-GHOSTは、ATMEGA644PをMCUとするArduino(Sanguino対応)プラットフォームとして設計された新世代のREDUINO標準機です。大容量のメモリと多数のI/Oピンを備えており、ATMEGA168ではメモリ容量やI/Oピン数などで壁に突き当たった用途にでも、余裕で対応することができます。

REDUINO-GHOST644U(USB版)

ネットショップ

開発ソフト: 
MCUチップ: 

REDUINO-VALKYRIE

REDUINO-VALKYRIEは、Arduinoとの互換性を高めた新世代のREDUINO標準機です。LEDの接続ピンやスケッチのアップロード時のオートリセット機能など、Arduinoの最新機に準じて構成していますので、Arduinoの標準のブートローダーをそのまま利用することができます。また、Arduino-0015のプログラミング環境では、[Tools-Board]メニューで[Arduino Duemilanove w/ ATmega328]を選んでいただくだけで利用できます。

REDUINO-VALKYRIE(USB版)

ネットショップ

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ATMEGA644PでArduino

ATMEGA644Pを搭載したAVR-DEV-AM644RXのArduino化(Sanguino化?)を試みてみました。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

文字LCDの利用

2008年9月にリリースされたArduino 0012には、文字LCD表示のライブラリLiquidCrystalが標準で組み込まれました。

開発ソフト: 
技術: 

REDUINO-NANO

ATMEGA168とFT232RLを搭載したコンパクトで強力なUSBインターフェース付きMCUモジュールです。

USBでPCと連携させ、強力なセンサーノードあるいはコントロールノードとして利用することが出来ます。また、電源はUSBコネクタから取得でき、基板から直接入出力端子を引き出せるので、PCとこのモジュールだけでいろいろな実験が行えます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

REDUINO-GL128

Arduinoのプラットフォームとして利用できる、128X64ドットグラフィックLCD、USBインターフェース搭載のAVRマイコンキットです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

お手軽サーボプログラム

Arduinoを手軽なプロトタイピング環境として、RCサーボで少し遊んでみましょう。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

音楽の前に。。。まずはピー

圧電サウンダを利用して、音を出す実験をしてみましょう。

音を鳴らすには、ある周波数で空気を振動させます。ここでは、圧電サウンダにHIGH,LOWの電圧を相互にかけ、圧電サウンダの振動板を振動させて音を出させることにします。たとえば、ドの音を出そうとすると、その周波数262Hzで圧電サウンダに電圧をかけてを振動させればよいことになります。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

光あれ

電子工作で光ものといえばLEDですね。電子工作の基礎の基礎、LEDの点灯実験をしましょう。

LEDには2本の足があり、それぞれアノード(足の長いほう)とカソードと呼ばれます。電流はアノードからカソードに流れ、発光します。このため、アノードが+側、カソードが?側になるように配線して利用します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - Arduino