You are here

Arduino

CLCD-BOOSTER

CQ出版者様のCQエレクトロニクス・セミナにCLCD-BOOSTERが採用されました。2009年8月8日、22日から実施されるAVR実習にご参加の上CLCD-BOOSTERをご活用ください。

ArduinoのリファレンスボードやPICSYSのArduinoスタイルボードに文字LCD、スイッチ、温度・光センサ、XBeeなどを一括接続するいわゆるシールドです。 標準的な入出力装置群を一括してArduinoボードに接続して手軽に利用できるため、初心者にもヘビーユーザにもオススメの1台です。

ネットショップ:好評発売中

ボードは組み立て済みですのですぐにご利用いただけます。

CLCD-BOOSTER

Arduino IDEの標準ライブラリとして提供されているLiquidCrystalライブラリを利用して文字LCDにメッセージを出力してみました。

開発ソフト: 

red7SEG:7セグメントLED表示ライブラリ

REDUINOシリーズ用とCLCD-BOOSTER用の7セグメントLED表示器用ライブラリです。REDUINOシリーズとCLCD-BOOSTERのサポートソフトウェアとしてご提供いたします。

対応プラットフォーム

ダウンロードは、このページの下の方からどうぞ。

ライブラリの利用例

開発ソフト: 

実験中:いわゆるArduino互換機

MicrochipのUSBインターフェース付きチップのPIC18F14K50をFTDIのFT232RLの代わりに利用したArduino互換機を作ってみました。SSOPパッケージのFT232RLのハンダ付けは、私にとっては基本的に避けて通りたい悪夢のような作業ですが、DIPパッケージが利用できるPIC18F14K50は、気軽にハンダ付けができてUSB器機を心安らかに試作できるというところがみそでしょうか。

PIC18F14K50をUSBチップに!

開発ソフト: 
MCUチップ: 

SPの回路図とピン配置

REDUINO-SPの回路図

REDUINO-SPの回路図を以下に示します。


開発ソフト: 
MCUチップ: 

SPの製作手順

基板には、あらかじめ表面実装部品が取り付けられています。

基本的には、基板に実装したときに高さが低い部品から実装していきます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

REDUINO-SP: Starting Point!

Arduinoでフィジカルコンピューティング。。。だけではあまりにもったいないので、Arduinoの洗練された開発環境をマイコン入門に使おう。。。という発想のボードです。:-)

ネットショップ:好評発売中

REDUINO-SP

ATmega328Pを搭載したArduino互換機をベースにマイコン入門に最適な入出力デバイスをボード上に組み込んでいます。Arduino-0015のプログラミング環境では、[Tools-Board]メニューで[Arduino Duemilanove w/ ATmega328]を選んでいただくだけで利用できます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ATmega328P:ATmega168のメモリ倍増版

いろいろな用途で活用されているATmega168の上位チップです。基本的にはATmega168と共通機能ですが、メモリが以下の様にそれぞれ2倍になっています。

  • プログラムFLASH: 32KB
  • SRAM: 2KB
  • EEPROM: 1KB

Arduinoの機能強化にいかがですか。

ネットショップ

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ドットマトリックスLEDの利用

単球のLEDの表示もPWMを利用するなどいろいろ楽しめるものですが、少し慣れてくるとにぎやかな、あるいは表現力の高い表示装置が欲しくなってきます。そのような時に皆さんが強い興味を示す表示装置の一つが、ドットマトリックスLEDでしょう。

ここではOPT-DML-2Sを対象として、ArduinoでのドットマトリックスLEDの基本的な操作法を紹介します。REDUINO-VALKYRIEREDUINO-GHOSTでは、このような魅力的な表示装置を面倒なワイヤワークを行うことなくワンタッチで利用できます。

OPT-DML-2Sは、8×8ドットのマトリックス(配列)を構成したLEDで、各ドットは赤と緑の2色LEDで構成されており、これらの2色の表示/非表示の組み合わせで、黒、赤、緑、橙の4色を表示できます。また、文字LCDの4ビットモードで利用する信号線で制御することができ、Arduinoで簡単かつ省ピン構成で制御することが出来ます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

7セグメントLEDの利用

Arduinoの代表的な用途であるフィジカル・コンピューティングでは、時間や電圧に換算された温度、明るさ、傾き、その他様々なセンシングデータを取得して利用します。これらのデータ値を手軽に数値で確認できると助かることも多いですよね。このような時は、7セグメントLEDを利用した数値表示装置が大変役立ちます。

ここではBLUE-7SEG-1を対象として、Arduinoでの7セグメントLEDの基本的な操作法を紹介します。REDUINO-VALKYRIEREDUINO-GHOSTでは、このような魅力的な表示装置を面倒なワイヤワークを行うことなくワンタッチで利用できます。

BLUE-7SEG-1は、4桁の7セグメントLEDで、文字LCDの4ビットモードで利用する信号線で制御することができ、Arduinoで簡単かつ省ピン構成で制御することが出来ます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

REDUINOライブラリ

REDUINOシリーズに搭載可能な表示装置用のサポートライブラリをご提供します。

開発ソフト: 

ページ

Subscribe to RSS - Arduino