You are here

Arduino

VALKYRIEの製作手順

基本的には、基板に実装したときに高さが低い部品から実装していきます。

まず、抵抗とインダクタを実装します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

VALKYRIEの回路図とピン配置

REDUINO-VALKYRIEの回路図

REDUINO-VALKYRIEの回路図を以下に示します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

REDUINO製品紹介

マイクロファンのREDUINOシリーズとArduinoに対応可能な製品を紹介します。

マイクロファンのArduino関連製品は、以下の2種類に大別できます。

  • Arduino互換製品
  • Arduino対応製品

なお、ここでのArduinoとは、Sanguinoも含むものとします。

開発ソフト: 

REDUINO-GHOST

News

Sanguino v1.4が2009/2/17にリリースされました。Arduino-0013に対応した差分パッケージになっています。


REDUINO-GHOSTは、ATMEGA644PをMCUとするArduino(Sanguino対応)プラットフォームとして設計された新世代のREDUINO標準機です。大容量のメモリと多数のI/Oピンを備えており、ATMEGA168ではメモリ容量やI/Oピン数などで壁に突き当たった用途にでも、余裕で対応することができます。

REDUINO-GHOST644U(USB版)

ネットショップ

開発ソフト: 
MCUチップ: 

REDUINO-VALKYRIE

REDUINO-VALKYRIEは、Arduinoとの互換性を高めた新世代のREDUINO標準機です。LEDの接続ピンやスケッチのアップロード時のオートリセット機能など、Arduinoの最新機に準じて構成していますので、Arduinoの標準のブートローダーをそのまま利用することができます。また、Arduino-0015のプログラミング環境では、[Tools-Board]メニューで[Arduino Duemilanove w/ ATmega328]を選んでいただくだけで利用できます。

REDUINO-VALKYRIE(USB版)

ネットショップ

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ATMEGA644PでArduino

ATMEGA644Pを搭載したAVR-DEV-AM644RXのArduino化(Sanguino化?)を試みてみました。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

文字LCDの利用

2008年9月にリリースされたArduino 0012には、文字LCD表示のライブラリLiquidCrystalが標準で組み込まれました。

開発ソフト: 
技術: 

REDUINO-NANO

ATMEGA168とFT232RLを搭載したコンパクトで強力なUSBインターフェース付きMCUモジュールです。

USBでPCと連携させ、強力なセンサーノードあるいはコントロールノードとして利用することが出来ます。また、電源はUSBコネクタから取得でき、基板から直接入出力端子を引き出せるので、PCとこのモジュールだけでいろいろな実験が行えます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

REDUINO-GL128

Arduinoのプラットフォームとして利用できる、128X64ドットグラフィックLCD、USBインターフェース搭載のAVRマイコンキットです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - Arduino