You are here

Arduino

ATMEGA644PでArduino

ATMEGA644Pを搭載したAVR-DEV-AM644RXのArduino化(Sanguino化?)を試みてみました。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

文字LCDの利用

2008年9月にリリースされたArduino 0012には、文字LCD表示のライブラリLiquidCrystalが標準で組み込まれました。

開発ソフト: 
技術: 

REDUINO-NANO

ATMEGA168とFT232RLを搭載したコンパクトで強力なUSBインターフェース付きMCUモジュールです。

USBでPCと連携させ、強力なセンサーノードあるいはコントロールノードとして利用することが出来ます。また、電源はUSBコネクタから取得でき、基板から直接入出力端子を引き出せるので、PCとこのモジュールだけでいろいろな実験が行えます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

REDUINO-GL128

Arduinoのプラットフォームとして利用できる、128X64ドットグラフィックLCD、USBインターフェース搭載のAVRマイコンキットです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

お手軽サーボプログラム

Arduinoを手軽なプロトタイピング環境として、RCサーボで少し遊んでみましょう。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

音楽の前に。。。まずはピー

圧電サウンダを利用して、音を出す実験をしてみましょう。

音を鳴らすには、ある周波数で空気を振動させます。ここでは、圧電サウンダにHIGH,LOWの電圧を相互にかけ、圧電サウンダの振動板を振動させて音を出させることにします。たとえば、ドの音を出そうとすると、その周波数262Hzで圧電サウンダに電圧をかけてを振動させればよいことになります。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

光あれ

電子工作で光ものといえばLEDですね。電子工作の基礎の基礎、LEDの点灯実験をしましょう。

LEDには2本の足があり、それぞれアノード(足の長いほう)とカソードと呼ばれます。電流はアノードからカソードに流れ、発光します。このため、アノードが+側、カソードが?側になるように配線して利用します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

スイッチ

電子工作の出力にLEDがなくてはならないのと同様に、入力にはスイッチが不可欠ですね。ここでは、Arduinoでスイッチを利用する方法を紹介します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ブートローダー

VALKYRIE

VALKEYRIEはArduinoとハードウェア的に互換性があるのでATmega168 / ATmega328P共にブートローダーは、IDEと共にArduinoのWEBサイトからダウンロードしてご利用ください。最新のバージョンはArduino-0013となっています。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - Arduino