You are here

Arduino

ESP32: BlynkでPWM機能を使ったLEDの明るさ制御と音の出力

ESP32のPWM機能を利用して、LEDの明るさを制御するとともに、ピエゾスピーカー(圧電サウンダー)の音を鳴らしてみましょう。
使用するボードはESP32-DEVC-HOMEです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-DEVC-HOMEではじめてのBlynk

Blynkの最小スケッチ

ESP32-DEVC-HOMEでBlynkで遊ぶ最少のスケッチ。
http://www.microfan.jp/esp32/esp32-devc-home

このスケッチはBlynkの実質的に最少のスケッチで、ESP32-DEVC-HOMEの構成に合わせた特別なコードは含まれていません。

#define BLYNK_PRINT Serial

#include <WiFi.h>
#include <WiFiClient.h>
#include <BlynkSimpleEsp32.h>

// BlynkのAuth Tokenを設定
char auth[] = "YOURAPPAUTHTOKEN" ;

char ssid[] = "YOURSSID" ;
char pass[] = "YOURPASSWORD" ;

void setup()
{
  // Debug console
  Serial.begin(115200) ;

  Blynk.begin(auth, ssid, pass) ;
  Blynk.syncAll() ;
}

void loop()
{
  Blynk.run() ;
}
開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP32-DEVC-HOMEでBlynk

ESP32-DEVC-HOMEはWiFiインターフェースを持ったESP32-DevKitCに様々な入出力を追加する拡張ボードです。ESP32-DEVC-HOMEは、BlynkのIoTデバイスとして、様々な利用が可能です。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

UNO: Blynkで環境ログ

BME280という環境センサーを利用すると、このセンサーだけで温度、湿度、気圧が計測できるのでとても便利です。
しかしながら、最近の多くのセンサーチップと同様に、稼働および信号電圧が3.3Vであるため、5Vで稼働しているArduino UNOには、直接接続できないという問題があります。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

裸のArduino UNOでBlynk

Blynkの最小スケッチ

イーサネットシールドなどを接続しない裸のArduino UNOとBlynkで遊ぶ最少のスケッチ。
誰でも(たぶん)持っているArduino UNOだけで、Blynkできます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

BlynkにおけるデータのPULLとPUSH

BlynkでIoTデバイス用のスケッチを記述する際には、アプリケーションがPULL機能で十分なのか、PUSH機能を必要としているのかを確認する必要がある。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP8266: Blynkで環境モニター

Blynkのお約束アプリとして、家などの温度や湿度を計測し、スマホでどこででも確認できるシステムを作成します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: Blynkで圧電サウンダー:ピエゾスピーカー

ESP8266-LEAF-R5にピエゾスピーカー(圧電サウンダー)を接続して、音を鳴らしてみましょう。

ここでは、ピエゾスピーカーをGNDとD13(GPIO13)に繋ぎました。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

Arduino UNOでBlynk

イーサネットシールドなどのネットワークインターフェースを接続せずに、Arduino UNO(とUSBでそれがつながったPC)のみでBlynk用のIoTデバイスが作れるなんて結構衝撃的!

USB接続ですが、世界中から操作可能なれっきとしたIoTデバイスです

開発ソフト: 
技術: 

ESP8266-LEAF-R5ではじめてのBlynk

Blynkの最小スケッチ

ESP8266-LEAF-R5でBlynkで遊ぶ最少のスケッチ。

このスケッチはBlynkの実質的に最少のスケッチで、ESP8266-LEAF-R5の構成に合わせた特別なコードは含まれていません。
実質的に、初期化のbegin()メソッドと、基本的な処理のrun()メソッドだけで何ができるでしょう?

#define BLYNK_PRINT Serial

#include <ESP8266WiFi.h>
#include <BlynkSimpleEsp8266.h>

// BlynkのAuth Tokenを設定
char auth[] = "YOURAPPAUTHTOKEN" ;

char ssid[] = "YOURSSID" ;
char pass[] = "YOURPASSWORD" ;

void setup()
{
  // Debug console
  Serial.begin(115200) ;

  Blynk.begin(auth, ssid, pass) ;
}

void loop()
{
  Blynk.run() ;
}
開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - Arduino