You are here

ATmega328P

UNO: BlynkでEmail

BlynkのEmail発信機能を確認してみました。
機能確認なので、単純に1分に1回メイルを送信するだけです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

UNO: BlynkでRCサーボ

Arduino UNOにRCサーボを接続してみましょう。
ここでは、電源と信号線の距離の関係で、RCサーボをGNDとA0に繋ぎました。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

UNO: Blynkで音を鳴らそう

Arduino UNOにピエゾスピーカー(圧電サウンダー)を接続して、音を鳴らしてみましょう。

ここでは、ピエゾスピーカーをGNDとD8に繋ぎました。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

I2C-PLUS ミニシールド

I2C-PLUSは、信号線が3.3VのI2CデバイスをArduino UNOで手軽に利用できるようにするミニシールドです。
通信線としてI2Cを利用するセンサーや入出力デバイスが増えていますが、信号線が3.3Vとなっているものが多く、Arduino UNOの信号は5Vとなっているために、そのままでは手軽に接続することができませんでした。

I2C-PLUSの組み立て例

I2C-PLUSの特徴を以下に示します。


  • 5VのI2C信号を3.3Vに変換し、3.3Vに対応したI2Cデバイスを接続できます。
  • 3.3Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を2個装備しています。
  • 5Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を1個装備しています。
  • 環境センサーモジュールGY-BME280を基板上に搭載できます。
  • 加速度・ジャイロセンサーモジュールGY521を基板上に搭載できます。
  • リアルタイムクロックモジュールDS3231を基板上に搭載できます。
  • 128x64ピクセルのOLEDディスプレイもしくは、8文字x2行の文字LCDディスプレイを基板上に搭載できます。
  • SCL, SDLとして使用されているA4, A5を除き、デジタルピンD0-D13, アナログピンA0-A3は未使用なので自由に使用することができます。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのミニシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

I2C-PLUSは、Arduino MEGA など、Arduino UNO以外のArduinoボードでは利用できませんのでご注意ください。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

UNO: Blynkで環境ログ

BME280という環境センサーを利用すると、このセンサーだけで温度、湿度、気圧が計測できるのでとても便利です。
しかしながら、最近の多くのセンサーチップと同様に、稼働および信号電圧が3.3Vであるため、5Vで稼働しているArduino UNOには、直接接続できないという問題があります。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

裸のArduino UNOでBlynk

Blynkの最小スケッチ

イーサネットシールドなどを接続しない裸のArduino UNOとBlynkで遊ぶ最少のスケッチ。
誰でも(たぶん)持っているArduino UNOだけで、Blynkできます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

TFT18-PLUS TFTミニシールド

TFT18-PLUSの概要

TFT18-PLUS は基本的で利用範囲の広い160x128ピクセルのTFTグラフィックスディスプレイを装備した、Arduino UNO/MEGA/Leonardo R3用シールドキットです。TFT18-PLUS はArduino の入門者にはもちろん、Arduino の基本機能を一通り習得し、応用に取り組みたい人が手元に置いておくと重宝するグラフィックスシールドです。

TFT18-PLUSの組み立て例

TFT18-PLUS の特徴を以下に示します。


  • コンパクトな基板上に一通りの入出力装置を搭載しています。
  • SPI/I2Cインターフェースと1本の圧電サウンダー用信号のみで制御できます。
  • TFTディスプレイは160x128ピクセルのグラフィックス表示が可能です。
  • 4個のタクトスイッチを搭載しています。
  • 2個のLEDを搭載しています。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • 環境センサーBME280や、加速度・ジャイロセンサーMPU6050の接続端子を装備しています。
  • 5Vと3.3VのI2Cデバイスをそれぞれ1つ接続できる端子を装備しています。
  • I2Cの信号を5Vと3.3Vで変換する回路を内蔵しており、3.3VのI2Cデバイスを安全に接続できます。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

TRIAL-ESP8266-SEED

ESP8266-SEEDはESP-WROOM-02を手軽に利用するための電源/プルアップ・プルダウン抵抗/タクトスイッチなどを搭載したボードです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ROBOTA-UNO

準備中

高機能シールドだよ。
ROBOTA-UNOは魅力的な表示装置やセンサーなどの入出力装置をバランスよく装備した、ロボット形状のArduinoシールドキットです。

ROBOTA-UNOのご購入はこちら

ROBOTA-UNO-1

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - ATmega328P