You are here

ATmega328P

UNO: BlynkでRCサーボ

Arduino UNOにRCサーボを接続してみましょう。
ここでは、電源と信号線の距離の関係で、RCサーボをGNDとA0に繋ぎました。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

UNO: Blynkで音を鳴らそう

Arduino UNOにピエゾスピーカー(圧電サウンダー)を接続して、音を鳴らしてみましょう。

ここでは、ピエゾスピーカーをGNDとD8に繋ぎました。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

I2C-PLUS ミニシールド

I2C-PLUSは、信号線が3.3VのI2CデバイスをArduino UNOで手軽に利用できるようにするミニシールドです。
通信線としてI2Cを利用するセンサーや入出力デバイスが増えていますが、信号線が3.3Vとなっているものが多く、Arduino UNOの信号は5Vとなっているために、そのままでは手軽に接続することができませんでした。

I2C-PLUSの組み立て例

I2C-PLUSの特徴を以下に示します。


  • 5VのI2C信号を3.3Vに変換し、3.3Vに対応したI2Cデバイスを接続できます。
  • 3.3Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を2個装備しています。
  • 5Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を1個装備しています。
  • 環境センサーモジュールGY-BME280を基板上に搭載できます。
  • 加速度・ジャイロセンサーモジュールGY521を基板上に搭載できます。
  • リアルタイムクロックモジュールDS3231を基板上に搭載できます。
  • 128x64ピクセルのOLEDディスプレイもしくは、8文字x2行の文字LCDディスプレイを基板上に搭載できます。
  • SCL, SDLとして使用されているA4, A5を除き、デジタルピンD0-D13, アナログピンA0-A3は未使用なので自由に使用することができます。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのミニシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

I2C-PLUSは、Arduino MEGA など、Arduino UNO以外のArduinoボードでは利用できませんのでご注意ください。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

UNO: Blynkで環境ログ

BME280という環境センサーを利用すると、このセンサーだけで温度、湿度、気圧が計測できるのでとても便利です。
しかしながら、最近の多くのセンサーチップと同様に、稼働および信号電圧が3.3Vであるため、5Vで稼働しているArduino UNOには、直接接続できないという問題があります。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

裸のArduino UNOでBlynk

Blynkの最小スケッチ

イーサネットシールドなどを接続しない裸のArduino UNOとBlynkで遊ぶ最少のスケッチ。
誰でも(たぶん)持っているArduino UNOだけで、Blynkできます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

TRIAL-ESP8266-SEED

ESP8266-SEEDはESP-WROOM-02を手軽に利用するための電源/プルアップ・プルダウン抵抗/タクトスイッチなどを搭載したボードです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ROBOTA-UNO

準備中

高機能シールドだよ。
ROBOTA-UNOは魅力的な表示装置やセンサーなどの入出力装置をバランスよく装備した、ロボット形状のArduinoシールドキットです。

ROBOTA-UNOのご購入はこちら

ROBOTA-UNO-1

開発ソフト: 
MCUチップ: 

GALAXY-CUBE

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - ATmega328P