You are here

PIC18F2520

RCサーボの利用

RCサーボの利用

PICSYS18では、4個までのRCサーボを任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
RCサーボの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにRCサーボを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PWMによるLED表示

PICSYS18では、4個までのPWM出力を任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
PWM出力の制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにLEDなどを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ビープ音の出力

ビープ音の出力

PICSYS18では、1個の圧電サウンダ(あるいは相当品)を任意のI/Oピンに接続し、ビープ音を出力することができます。
圧電サウンダの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートに圧電サウンダを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ドットマトリックスLED(1)

PICSYS18では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS18が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PIC-DML-2520

概要

PIC18F2520と2色ドットマトリックスLEDを利用したPICマイコンキットです。 サポートソフトウェアとしてPICSYS18を利用することができます。

ネットショップ

MCUチップ: 
Subscribe to RSS - PIC18F2520