You are here

PICSYS

PICSYS18-XBEEでUSB-XBEE

お待たせしていましたが、PICSYS18-1.00RCでは、やっとUSB(CDC)が使えるようになりました。PICSYS18-XBEEでこの機能を利用すると、PC-XBEE接続も以下のように簡単に記述できます。(データをリレーしてるだけだけどね。。。:-P)

PICSYS18-XBEEへのXBEEの搭載例

Arduinoと異なり、PICSYS18-XBEEのUSB通信路とXBEEへのシリアル通信路は完全に独立しているので、ブートローダーによるMCUへのプログラムの書き込み時にXBEEの接続回路を変更する必要もないし、XBEEとUSB経由のPCとの連携も簡単に行えます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PICSYS18-SPで温度計測

#include "picsys18.h"

void
setup()
{
開発ソフト: 

PICSYS18-SPでRCサーボを動かそう

PICSYS18では、4個までのRCサーボを簡単に制御することができます。また、PICSYS18-SPには、RCサーボの接続を想定したコネクタ/ピンヘッダーを2個用意しています。ただし、PICSYS18-SPでRCサーボをご利用の際には、以下の点にご注意ください。

開発ソフト: 
技術: 

PICSYS18-XBEEでRCサーボを動かそう

PICSYS18では、4個までのRCサーボを簡単に制御することができます。また、PICSYS18-XBEEには、RCサーボの接続を想定したコネクタ/ピンヘッダーを2個用意しています。ただし、PICSYS18-XBEEでRCサーボをご利用の際には、以下の点にご注意ください。

開発ソフト: 
技術: 

PICSYS18-XBEEのセンサースケッチ

センサーを利用するスケッチ

PICSYS18-XBEEにCLCD-BOOSTERを接続し、CLCD-BOOSTERに搭載されている温度センサーと光センサーを読み取って、文字LCDに値を出力する例をスケッチしていました。

PICSYS18-XBEEにCLCD-BOOSTERを接続する場合には、CLCD-BOOSTER中央のJP1のショートピンを左側の3.3V側にセットしてください。また、文字LCDのR/W端子を制御するJP3のショートピンは左側にセットしてR/Wをグランドに落とすようにしてください。

PICSYS18-XBEEには、単体でもセンシング機能が利用できるように、CLCD-BOOSTERと同じ温度センサーと光センサーが組み込まれているのですが、今回はJP4,JP5のショートピンをはずして、PICSYS18-XBEEのセンサーを切り離しています。

センサーを利用するスケッチの動作例

温度センサーを手で触ると、計測している温度がすぐに上昇していくのがわかります。

開発ソフト: 
技術: 

PICSYS18-XBEE

PICSYS18-XBEEをサポートしたPICSYS18フレームワークのご提供を開始しました。USBブートローダも利用できます。USBブートローダーによるプログラムの書込み操作がMPLAB IDEと統合されていないので、Arduinoと比べると少しスマートさにかけますが、ハード的なプログラムライタを使わず気軽にプログラムを書き込めるのでお試しください。

PIC18F26J50チップ、USBインターフェース、LED2個、スイッチ5個、温度センサ、光センサを搭載したArduino形状のPICSYS18ボードです。Arduinoのリファレンスボードと同様に、さまざまなプロジェクトのベースボードとして利用できるだけでなく、単体でもいろいろな活用が楽しめます。

ネットショップ:

PICSYS18-XBEE

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PICSYS18-SP

PICSYS18-SPをサポートしたPICSYS18フレームワークのご提供を開始しました。USBブートローダも利用できます。USBブートローダーによるプログラムの書込み操作がMPLAB IDEと統合されていないので、Arduinoと比べると少しスマートさにかけますが、ハード的なプログラムライタを使わず気軽にプログラムを書き込めるのでお試しください。

PICSYS18-SPは、マイコン入門に適したさまざまな入出力装置がボード上に実装されたオールインワン・マイコンボードです。ボード上の入出力装置は、PICSYS18を利用して簡単に利用することができます。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PICSYS24-CORE+CLCD-BOOSTERのセンサースケッチ

CLCD-BOOSTERのセンサーを利用するスケッチ

PICSYS24-COREに、CLCD-BOOSTERを搭載し、CLCD-BOOSTERに搭載されている温度センサーと光センサーを読み取って、文字LCDに値を出力すると例をPICSYS24でスケッチしてみました。

PICSYS24-COREでCLCD-BOOSTERを利用したスケッチの実行例

上の写真を見てください。ArduinoにCLCD-BOOSTERを乗せたもの???ではありません。ベースのボードが黒く微妙にArduinoと異なってますよね。PICSYS24-COREです。:-)

開発ソフト: 
技術: 

PICSYS24-CORE

16ビットMCUのPIC24Fを搭載したPICSYSのコンパクトプラットフォームです。
Arduinoのリファレンスボードと同じサイズですが、8ビットMCUを利用しているArduinoに比べて高性能であるだけでなく、RAMの容量もATmega328Pに比べると8倍、Arduino MEGAに比べても2倍の16KBを搭載しており、様々な用途に余裕で対応できます。

ネットショップ:

PICSYS24-CORE

開発ソフト: 
技術: 

PICSYS18-SPの製作手順

注:現在販売中のPICSYS18-SPは組み立て済です。

基本的に背の低い部品から取り付けていきます。半田ごては、30W程度のものが熱容量的にも使いやすいようです。(特にべたグランドに接続されているピンの半田付けなどには)

表面実装部品の電源レギュレータ、P-FETを取り付けます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - PICSYS