You are here

PICSYS

ビープ音の出力

PICSYS24では、1個の圧電サウンダ(あるいは相当品)を任意のI/Oピンに接続し、ビープ音を出力することができます。
圧電サウンダの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートに圧電サウンダを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PWMによるLED表示

LEDの明るさをPWMで制御する実験をします。

PICSYS24では、4個までのPWM出力を任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
PWM出力の制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにLEDなどを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

USBによるシリアル通信

USBで送られてきた文字をUSBにエコーバックするとともに、LCDに表示します。

usbecho1.c: USBのエコーバックプログラム

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

LCDへの文字表示

DUO-GL128-PIC24FのグラフィックLCDは、8X6ドットのフォントを使用して、21文字×8行の文字を表示することができます。
GLCD_cursorPos()の第1引数で指定する行は0から始まります。
出力する文字が1行の21文字を超えると自動的に改行して次の行に続いて出力されます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ビープ音の出力

PIC24F-MOD-GA002Uには小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、L外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

AD変換を利用した温度計

AD変換機能を利用して、温度センサLM35の出力電圧を読み取り、文字LCDにAD変換値と温度を表示するプログラムを示します。文字LCDの利用法に関しては、「文字LCDの利用」、AD変換の基本に関しては「AD変換の利用」を参照してください。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

AD変換の利用

AD変換機能を利用して、アナログポートの電圧を読み取り、文字LCDに表示するプログラムを示します。文字LCDの利用法に関しては、「文字LCDの利用」を参照してください。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

文字LCDの利用

文字LCDに単純なメッセージを出力する簡単なプログラムを作成します。

文字LCDは通常5Vの電源を必要とします。一方、PIC24Fは3.3V電源を利用するため、文字LCDを利用するためには、一般的には別途5Vの電源を用意する必要があります。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

USB経由のRCサーボ制御

PIC24F-MOD-GA002UにはUSB通信チップが実装されており、PCと簡単に通信することができます。ここでは、Windowsのハイパーターミナルなどを利用してキーボードから入力した数値でRCサーボの回転角を制御するプログラムを示します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

USBによるシリアル通信

PIC24F-MOD-GA002UにはUSB通信チップが実装されており、PCと簡単に通信することができます。USBによる通信は、PCからはCOMポートを利用したRS232Cに準じた使い方ができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - PICSYS