You are here

PICSYS

RCサーボの利用

PIC24F-MOD-GA002Uには小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PWMによるLED表示

PIC24F-MOD-GA002Uには小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。ここでは、コネクタCN5にLEDを接続してPWM表示制御の実験をしてみます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

構成の設定

クロック

PIC24F-MOD-GA002UでPICSYS24を利用する場合には、まず、PICSYS24のパッケージに含まれるpicsys24conf.hを開き、下記の2行のコメントを外し、有効にします。

picsys24conf.h

開発ソフト: 
MCUチップ: 

構成の指定

PIC-DML-2520でPICSYS18を利用する場合には、まず、PICSYS18のパッケージに含まれるpicsys18conf.hを開き、下記の2行のコメントを外し、有効にします。

picsys18conf.h

開発ソフト: 

構成の指定

PIC18F-MOD-2553でPICSYS18を利用する場合には、まず、PICSYS18のパッケージに含まれるpicsys18conf.hを開き、下記の2行のコメントを外し、有効にします。

picsys18conf.h

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PWMによるLED表示

PIC18F-MOD-2553には小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、LED、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ビープ音の出力

PIC18F-MOD-2553には小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、LED、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

RCサーボの利用

PIC18F-MOD-2553には小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、LED、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PIC-PICO-3S: PICSYS-1

PICSYS16では、7セグメントLEDを簡単に制御することができます。

7セグメントLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS16が自動的に行います。

ex7seg1.c: 7セグメントLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PIC-GAME-2SX: PICSYS-1

PICSYS16では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS16が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - PICSYS