You are here

PICSYS

AD変換の利用

AD変換機能を利用して、アナログポートの電圧を読み取り、文字LCDに表示するプログラムを示します。文字LCDの利用法に関しては、「文字LCDの利用」を参照してください。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

文字LCDの利用

文字LCDに単純なメッセージを出力する簡単なプログラムを作成します。

文字LCDは通常5Vの電源を必要とします。一方、PIC24Fは3.3V電源を利用するため、文字LCDを利用するためには、一般的には別途5Vの電源を用意する必要があります。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

USB経由のRCサーボ制御

PIC24F-MOD-GA002UにはUSB通信チップが実装されており、PCと簡単に通信することができます。ここでは、Windowsのハイパーターミナルなどを利用してキーボードから入力した数値でRCサーボの回転角を制御するプログラムを示します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

USBによるシリアル通信

PIC24F-MOD-GA002UにはUSB通信チップが実装されており、PCと簡単に通信することができます。USBによる通信は、PCからはCOMポートを利用したRS232Cに準じた使い方ができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

RCサーボの利用

PIC24F-MOD-GA002Uには小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PWMによるLED表示

PIC24F-MOD-GA002Uには小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。ここでは、コネクタCN5にLEDを接続してPWM表示制御の実験をしてみます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

構成の設定

クロック

PIC24F-MOD-GA002UでPICSYS24を利用する場合には、まず、PICSYS24のパッケージに含まれるpicsys24conf.hを開き、下記の2行のコメントを外し、有効にします。

picsys24conf.h

開発ソフト: 
MCUチップ: 

構成の指定

PIC-DML-2520でPICSYS18を利用する場合には、まず、PICSYS18のパッケージに含まれるpicsys18conf.hを開き、下記の2行のコメントを外し、有効にします。

picsys18conf.h

開発ソフト: 

構成の指定

PIC18F-MOD-2553でPICSYS18を利用する場合には、まず、PICSYS18のパッケージに含まれるpicsys18conf.hを開き、下記の2行のコメントを外し、有効にします。

picsys18conf.h

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PWMによるLED表示

PIC18F-MOD-2553には小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、LED、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - PICSYS