You are here

PICSYS

ビープ音の出力

PIC18F-MOD-2553には小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、LED、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

RCサーボの利用

PIC18F-MOD-2553には小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、LED、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PIC-PICO-3S: PICSYS-1

PICSYS16では、7セグメントLEDを簡単に制御することができます。

7セグメントLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS16が自動的に行います。

ex7seg1.c: 7セグメントLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PIC-GAME-2SX: PICSYS-1

PICSYS16では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS16が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PIC-PICO-2S: PICSYS-1

PICSYS16では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS16が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PICSYS技術的注意/制約事項

PICSYSを利用する上での技術的な注意/制約事項を示します。


PICSYS24

ピン割り付け機能

PIC24Fの特徴的で協力な機能であるピン割り付けとそれを利用した周辺モジュールの利用機構はまだご提供できていません。

PWM

RCサーボの利用

RCサーボの利用

PICSYS18では、4個までのRCサーボを任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
RCサーボの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにRCサーボを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PWMによるLED表示

PICSYS18では、4個までのPWM出力を任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
PWM出力の制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにLEDなどを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ビープ音の出力

ビープ音の出力

PICSYS18では、1個の圧電サウンダ(あるいは相当品)を任意のI/Oピンに接続し、ビープ音を出力することができます。
圧電サウンダの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートに圧電サウンダを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ドットマトリックスLED

PICSYS18では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS18が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - PICSYS