You are here

PICSYS

PIC-PICO-2S: PICSYS-1

PICSYS16では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS16が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PICSYS技術的注意/制約事項

PICSYSを利用する上での技術的な注意/制約事項を示します。


PICSYS24

ピン割り付け機能

PIC24Fの特徴的で協力な機能であるピン割り付けとそれを利用した周辺モジュールの利用機構はまだご提供できていません。

PWM

RCサーボの利用

RCサーボの利用

PICSYS18では、4個までのRCサーボを任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
RCサーボの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにRCサーボを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PWMによるLED表示

PICSYS18では、4個までのPWM出力を任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
PWM出力の制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにLEDなどを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ビープ音の出力

ビープ音の出力

PICSYS18では、1個の圧電サウンダ(あるいは相当品)を任意のI/Oピンに接続し、ビープ音を出力することができます。
圧電サウンダの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートに圧電サウンダを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ドットマトリックスLED(1)

PICSYS18では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS18が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PICSYSダウンロード


PICSYS16の0.90をリリースしました。
MPLAB IDEのパッケージに付属するPICC PROをコンパイラとして利用します。
かなりやっつけ仕事になっていますので、つわものの方々のみご利用ください。 :-P

サンプルプログラムのプロジェクトファイルには、プロジェクト設定の中にマクロ定義などを書き込んでいるのでご注意ください。

開発ソフト: 

PICSYS コア・リファレンス

ピン入出力

PICSYSにおけるI/Oピンの指定は、RA0の場合にはRA(0)、RB4の場合にはRB(4)の様に行います。

開発ソフト: 

PICSYS概要紹介

PICSYSはAVR用のArduinoに触発され、PICでも簡単にプログラミングを行える環境を構築することを目標に開発されたソフトウェアフレームワーク(ライブラリ)です。

PICのプログラミングで以下のようなことを感じたり、これらが利用の障害になっていませんか?

開発ソフト: 

ページ

Subscribe to RSS - PICSYS