You are here

PICSYS

ドットマトリックスLED

PICSYS18では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS18が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PICSYSダウンロード


PICSYS16の0.90をリリースしました。
MPLAB IDEのパッケージに付属するPICC PROをコンパイラとして利用します。
かなりやっつけ仕事になっていますので、つわものの方々のみご利用ください。 :-P

サンプルプログラムのプロジェクトファイルには、プロジェクト設定の中にマクロ定義などを書き込んでいるのでご注意ください。

開発ソフト: 

PICSYS コア・リファレンス

ピン入出力

PICSYSにおけるI/Oピンの指定は、RA0の場合にはRA(0)、RB4の場合にはRB(4)の様に行います。

開発ソフト: 

PICSYS概要紹介

PICSYSはAVR用のArduinoに触発され、PICでも簡単にプログラミングを行える環境を構築することを目標に開発されたソフトウェアフレームワーク(ライブラリ)です。

PICのプログラミングで以下のようなことを感じたり、これらが利用の障害になっていませんか?

開発ソフト: 

PICSYSフレームワーク

さて、何のプログラムでしょう?
ぱっと見はArduinoの簡単なプログラムの様ですが。。。

あれ?、でも微妙に変。

開発ソフト: 

構成の設定

クロック

DUO-GL128-PIC24FでPICSYS24を利用する場合には、まず、PICSYS24のパッケージに含まれるpicsys24conf.hを開き、下記の2行のコメントを外し、有効にします。

picsys24conf.h

開発ソフト: 
MCUチップ: 

HI-TECH C PRO lite mode

HI-TECH C PRO lite modeの概要

最適化の機能が無効化されているため、実行ファイルのサイズが2倍以上になるのが難点ですが、PICC Liteにあったサポートチップの制限がなくなったのはとても大きな魅力ですね。

開発ソフト: 

MPLAB C Compiler for PIC18 MCUs

MPLAB C Compiler for PIC18 MCUsの概要

開発ソフト: 

LEDの点滅

PIC-DEV-690RLに搭載されているLEDを点滅させる簡単なスケッチを紹介します。

このスケッチは、以下のボードでもそのまま動きます。(MPLABプロジェクトのデバイス設定や、ボードを指定するマクロ定義などはそれぞれに合わせた変更が必要です)

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - PICSYS