You are here

ESP-WROOM-02

OLEDディスプレイ

マイクロファンのESP-WROOM-02開発ボードには、以下のようなOLEDディスプレイの搭載コネクタを装備したものがあります。


  • ESP8266-LEAF-R3, ESP8266-LEAF-R4
  • ESP8266-KEY

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266-KEY

ESP8266-KEYの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ピンヘッダーとピンソケットはご自身ではんだ付けしてください。


  • ESP-WROOM-02をブレッドボードで利用できるようにする端子ピッチの変換基板です。
  • 450mVと低ドロップの電圧レギュレータと、ACアダプタ用のDCジャックを備えています。
  • ACアダプタには、5V出力で1A以上の容量のものをご利用ください。6Vを超えるACアダプタを接続すると故障の原因となりますのでご注意ください。
  • リセットボタンとフラッシュ書き込みモード用のボタンを備えています。
  • USBインターフェースモジュール(別売)を接続するコネクタを装備しており、Arduino IDEなどからのプログラムの書き込みを行うことができます。
  • OLEDディスプレイ(別売)を接続するコネクタを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。


ESP8266-KEY-R1

ネットショップ:


ESP8266-KEY

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266-LEAF

ESP8266-LEAFはESP-WROOM-02を単なるWiFiの無線LAN装置としてではなく、32ビットプロセッサを搭載した無線LAN機能付のMCUとして利用するために開発されたボードです。

ESP8266-LEAFの特徴を以下に示します。


  • ESP-WROOM-02はマイクロコントローラ(MCU)として32ビットプロセッサを内蔵しており、Arduino UNOなどと比較して大容量のFLASHとRAMを利用できます。
  • ESP-WROOM-02は、WiFi無線LAN機能を標準で利用できます。
  • USBインターフェースを装備し、Arduino IDEを利用してPCから簡単にスケッチを書き込むことができます。
  • 使用者の自由な発想でハードウェア的に機能拡張するための信号線が引き出されています。
  • 拡張用の信号線は、基板上部の一列のピンヘッダーに引き出されており、ブレッドボードに挿して利用できます。
  • 電子工作で広く利用されているArduino IDEや、IoT用の開発環境として注目されているNodeMCU(LUA)を利用してプログラムの開発を行えます。
  • 基板サイズ:49.5mmW X 40.6mmH


ESP8266-LEAF-R4(組立済)

ネットショップ:

ESP8266-LEAF (組立済)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP-WROOM-02でのLED操作

ESP8266-BLADE/LEAF/KEYを対象として、Arduino for ESP8266の利用例を示します。



BLINK:LEDの単純な点滅

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

PIXEL-CUBE

準備中

3D LED CUBEだよ。
WS2812Bを使用しています。
以下の3種類をご提供します。


  • Arduino UNO用
  • ESP8266-LEAF(ESP-WROOM-02)用
  • PIC18(PINGUINO)用

開発ソフト: 

ページ

Subscribe to RSS - ESP-WROOM-02