You are here

ESP-WROOM-02

ESP8266: BlynkでNeoPixel: WS2812 カラーLED

WS2812(NeoPixel)/RCサーボの接続端子

NeoPixel/WS2812は電源も信号も定格が5Vとなっているため、生のESP-WROOM-02では、接続して適切に動かすことはできません。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP8266-LEAF-R5ではじめてのBlynk

Blynkの最小スケッチ

ESP8266-LEAF-R5でBlynkで遊ぶ最少のスケッチ。

このスケッチはBlynkの実質的に最少のスケッチで、ESP8266-LEAF-R5の構成に合わせた特別なコードは含まれていません。
実質的に、初期化のbegin()メソッドと、基本的な処理のrun()メソッドだけで何ができるでしょう?

#define BLYNK_PRINT Serial

#include <ESP8266WiFi.h>
#include <BlynkSimpleEsp8266.h>

// BlynkのAuth Tokenを設定
char auth[] = "YOURAPPAUTHTOKEN" ;

char ssid[] = "YOURSSID" ;
char pass[] = "YOURPASSWORD" ;

void setup()
{
  // Debug console
  Serial.begin(115200) ;

  Blynk.begin(auth, ssid, pass) ;
}

void loop()
{
  Blynk.run() ;
}
開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP8266: Blynkで環境ログ(データの蓄積利用)

Blynkの使用例では、IoTデバイスを対話的に操作する例が多いですが、ここではThingSpeakを利用するアプリケーションと同様に、計測データをIoTプラットフォーム(この場合はBlynkサーバー)に蓄積して、現時点のIoTデバイスの計測値ではなく、サーバーに蓄積された計測値の継時変化を表示するためのスケッチを示します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: ESP8266-LEAFでディープスリープ

ディープスリープの概要

ESP8266-LEAFで使用しているESP-WROOM-02は、消費電力を抑えるために、ほとんど電力を使用しない状態で指定時間待機するDeep Sleep機能が組み込まれています。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: 明るさセンサー値のOLEDへの表示

ESP8266-LEAF-R5には、フォトトランジスタを利用した明るさセンサーが搭載されています。
ESP8266-LEAF-R5の明るさセンサーを使用する場合には、センサー近くにあるSJ4にはんだをもってショートさせてください。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: U8G2ライブラリによるOLEDディスプレイの利用

ESP8266-LEAFやESP8266-KEYには、I2Cで接続するOLEDディスプレイを接続できます。

ここでは、U8G2ライブラリを使用して、このOLEDディスプレイに文字表示を行う方法を示します。


ライブラリのインストール

U8G2ライブラリは、以下のURLで公開されています。

開発ソフト: 

ESP8266-LEAF-R5でBlynk

Blynkライブラリは以下のURLで公開されています。
https://github.com/blynkkk/blynk-library

開発ソフト: 
技術: 

ESP8266でThingSpeak

ESP8266-LEAF-R5とThingSpeakを利用してIoT実験を行ってみました。
http://www.microfan.jp/esp8266/esp8266-leaf

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: WS2812 - NeoPixel カラーLEDの使用

WS2812:NeoPixelのESP8266-LEAF-R5へ接続

NeoPixel/WS2812は電源も信号も定格が5Vとなっているため、生のESP-WROOM-02では、接続して適切に動かすことはできません。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - ESP-WROOM-02