You are here

OLEDディスプレイ

OLED-PLUS OLEDミニシールド

OLED-PLUS は基本的で利用範囲の広い128x64ピクセルのOLEDグラフィックスディスプレイを装備した、Arduino UNO/MEGA/Leonardo/DUE R3用シールドキットです。OLED-PLUS はArduino の入門者にはもちろん、Arduino の基本機能を一通り習得し、応用に取り組みたい人が手元に置いておくと重宝するグラフィックスシールドです。

OLED-PLUSの組み立て例

OLED-PLUS の特徴を以下に示します。


  • コンパクトな基板上に一通りの入出力装置を搭載しています。
  • 2本のI2Cインターフェースと1本の圧電サウンダー用信号のみで制御できます。
  • OLEDディスプレイは128x64ピクセルのグラフィックス表示が可能です。
  • 6個のタクトスイッチを搭載しています。
  • 2個のLEDを搭載しています。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • 環境センサーBME280や、加速度・ジャイロセンサーMPU6050の接続端子を装備しています。
  • 5Vと3.3VのI2Cデバイスをそれぞれ1つ接続できる端子を装備しています。
  • I2Cの信号を5Vと3.3Vで変換する回路を内蔵しており、3.3VのI2Cデバイスを安全に接続できます。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

I2C-PLUS ミニシールド

I2C-PLUSは、信号線が3.3VのI2CデバイスをArduino UNOで手軽に利用できるようにするミニシールドです。
通信線としてI2Cを利用するセンサーや入出力デバイスが増えていますが、信号線が3.3Vとなっているものが多く、Arduino UNOの信号は5Vとなっているために、そのままでは手軽に接続することができませんでした。

I2C-PLUSの組み立て例

I2C-PLUSの特徴を以下に示します。


  • 5VのI2C信号を3.3Vに変換し、3.3Vに対応したI2Cデバイスを接続できます。
  • 3.3Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を2個装備しています。
  • 5Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を1個装備しています。
  • 環境センサーモジュールGY-BME280を基板上に搭載できます。
  • 加速度・ジャイロセンサーモジュールGY521を基板上に搭載できます。
  • リアルタイムクロックモジュールDS3231を基板上に搭載できます。
  • 128x64ピクセルのOLEDディスプレイもしくは、8文字x2行の文字LCDディスプレイを基板上に搭載できます。
  • SCL, SDLとして使用されているA4, A5を除き、デジタルピンD0-D13, アナログピンA0-A3は未使用なので自由に使用することができます。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのミニシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

I2C-PLUSは、Arduino MEGA など、Arduino UNO以外のArduinoボードでは利用できませんのでご注意ください。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: 明るさセンサー値のOLEDへの表示

ESP8266-LEAF-R5には、フォトトランジスタを利用した明るさセンサーが搭載されています。
ESP8266-LEAF-R5の明るさセンサーを使用する場合には、センサー近くにあるSJ4にはんだをもってショートさせてください。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: U8G2ライブラリによるOLEDディスプレイの利用

ESP8266-LEAFやESP8266-KEYには、I2Cで接続するOLEDディスプレイを接続できます。

ここでは、U8G2ライブラリを使用して、このOLEDディスプレイに文字表示を行う方法を示します。


ライブラリのインストール

U8G2ライブラリは、以下のURLで公開されています。

開発ソフト: 

ページ

Subscribe to RSS - OLEDディスプレイ