You are here

AVR

Arduino: 焦電センサー

焦電センサーを利用すると、部屋などに人が入ってきたり、部屋の中で人が動いていることを検出することができるため、防犯用途や、お年を召された方の見守り用途などに利用することができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

CL1602-STACK

CL1602-STACKの概要

CL1602-STACK は基本的で利用範囲の広い16文字X2行の文字液晶ディスプレイを装備し、I2CでArduinoやPICに接続できる文字表示拡張ボードキットです。
CL1602-STACK はArduino の入門者にはもちろん、Arduino の基本機能を一通り習得し、応用に取り組みたい人が手元に置いておくと重宝する文字液晶拡張ボードです。

CL1602-STACKの組み立て例

CL1602-STACK の特徴を以下に示します。


  • コンパクトな基板上に一通りの入出力装置を搭載しています。
  • 2本のI2Cインターフェースと1本の圧電サウンダー用信号のみで制御できます。
  • 液晶ディスプレイは16文字X2行の文字表示が可能でバックライトの点滅を制御できます。
  • 7個のタクトスイッチを搭載しています。
  • 1個のLEDを搭載しています。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • リアルタイムクロックDS3231モジュール(別売り)の接続端子を装備しています。
  • 電源電圧は5Vです。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoの拡張ボードとして開発されており、LiquidCrystalに準じたライブラリで手軽に独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

IoT-BOOSTER

IoT-BOOSTERの概要

IoT-BOOSTERは、IoT実験でよく利用されるセンサーや入出力装置をコンパクトにまとめたArduino UNO用のシールドキットです。
IoT-BOOSTERとBlynkを使用すると、Arduinoで手軽に多様なIoT実験やIoTシステムの開発を行うことができます。

Arduino UNO R3に対応しています。

IoTデバイスはネットワークに接続する必要があり、一般的にArduinoボードをネットワークに接続するためにはイーサシールドを使用します。
Blynkでは、Arduinoボードにイーサシールドなどを接続しなくても、USBケーブルでつながったPCをゲートウェイとしてArduino UNOをインターネットに接続できるため、IoT-BOOSTERだけで手軽に多様なIoT実験を行うことができます。
http://www.microfan.jp/iot/blynk/arduino/index

IoT-BOOSTERの組み立て例


  • 環境センサーBME280を搭載し、温度、湿度、気圧を計測することができます。
  • 赤外線LEDを搭載し、赤外線リモコンに対応した家電機器を操作する機能を実現することができます。
  • 赤外線受信機を搭載し、赤外線リモコンの信号を受信・解析することができます。
  • 明るさセンサーを搭載し、周囲の明るさを取得することができます。
  • 圧電サウンダーを搭載し、電子音を鳴らすことができます。
  • LEDを2個搭載しています。
  • 5VのI2C機器を接続する端子を装備しています。
  • I2Cの信号を3.3Vに変換する回路を搭載しており、3.3VのI2C機器を接続する端子を装備しています。
  • 焦電センサ(人感センサ)などの外部デバイスを接続できる端子を装備しています。
  • RCサーボやNeoPixel/WS2812カラーLEDを接続できる端子を2個装備しています。
  • タクトスイッチを4個搭載しています。
  • OLEDディスプレイ(別売り)を搭載することができます。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

UNO: BlynkでNeoPixel

Arduino UNOにWS2812/NeoPixelカラーLEDを接続してみましょう。

ここでは、電源と信号線の距離の関係で、カラーLEDをGNDとA0に繋ぎました。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - AVR