You are here

PIC16F

PIC16F1939:PIC16の皮を被ったPIC18?

PIC16F1939は、PIC16ファミリーの一員ですが、その内実はPIC18を見ているかのような感覚を覚えます。PIC16F1939の各種の拡張は、PIC18が発表された際のそれに酷似しており、PIC16とPIC18にマーケティング的な機能差は残されているものの、決定的な差異はなくなりつつあるように感じます。

PIC16F1939を搭載したPICSYS16-CLCD

PIC16F1939の従来のPIC16からの拡張は色々と示されていますが、C言語でのプログラミングを考えると、以下の2点の拡張が極めて重要だと思います。

  • スタックが8から16レベルに拡張(PIC18は31レベル)
  • リニアアドレッシング可能な1KのRAM
開発ソフト: 

ドットマトリックスLEDの表示

PIC-DEV-690RLに標準で搭載されている文字LCDの代わりに、ドットマトリックスLED:OPT-DML-2Sを搭載することができます。OPT-DML-2Sを搭載すると、ドットマトリックスLEDを利用したスケッチを楽しむことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

7セグメントLEDにスイッチ状態の表示

PIC-DEV-690RLの文字LCDの代わりに、7セグメントLED:BLUE-7SEG-1を接続したスケッチ例を示します。
このスケッチはPIC-DEV-886RLでもそのまま利用できます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

7セグメントLEDでカウント表示

PIC-DEV-690RLに標準で搭載されている文字LCDの代わりに、7セグメントLED:BLUE-7SEG-1を搭載することができます。BLUE-7SEG-1を搭載すると、7セグメントLEDを利用したスケッチを楽しむことができるようになります。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PICSYS16をはじめよう

PICSYS16でのプログラムの作成法を説明します。

PICSYS16-CLCD

最初は少し面倒に思われるかもしれませんが、1度MPLABのプロジェクトを作ってしまえば、それを使いまわしできるので、2個目以降のプログラムの作成はとても楽になります。:-)

○ PICSYS16のパッケージ内容

PICSYS16のパッケージ内容を簡単に説明します。

PICSYS16のパッケージ内容

開発ソフト: 

PIC-GAME-2SX: PICSYS-1

PICSYS16では、ドットマトリックスLEDを簡単に制御することができます。

ドットマトリックスLEDの表示に必要な継続的なリフレッシュ処理は、PICSYS16が自動的に行います。

exdml1.c: ドットマトリックスLEDの利用

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PICSYS技術的注意/制約事項

PICSYSを利用する上での技術的な注意/制約事項を示します。


PICSYS24

ピン割り付け機能

PIC24Fの特徴的で協力な機能であるピン割り付けとそれを利用した周辺モジュールの利用機構はまだご提供できていません。

PWM

PICSYS コア・リファレンス

ピン入出力

PICSYSにおけるI/Oピンの指定は、RA0の場合にはRA(0)、RB4の場合にはRB(4)の様に行います。

開発ソフト: 

PICSYS概要紹介

PICSYSはAVR用のArduinoに触発され、PICでも簡単にプログラミングを行える環境を構築することを目標に開発されたソフトウェアフレームワーク(ライブラリ)です。

PICのプログラミングで以下のようなことを感じたり、これらが利用の障害になっていませんか?

開発ソフト: 

ページ

Subscribe to RSS - PIC16F