You are here

ESP-WROOM-32

ESP32-DEVC-HOMEではじめてのBlynk

Blynkの最小スケッチ

ESP32-DEVC-HOMEでBlynkで遊ぶ最少のスケッチ。
http://www.microfan.jp/esp32/esp32-devc-home

このスケッチはBlynkの実質的に最少のスケッチで、ESP32-DEVC-HOMEの構成に合わせた特別なコードは含まれていません。

#define BLYNK_PRINT Serial

#include <WiFi.h>
#include <WiFiClient.h>
#include <BlynkSimpleEsp32.h>

// BlynkのAuth Tokenを設定
char auth[] = "YOURAPPAUTHTOKEN" ;

char ssid[] = "YOURSSID" ;
char pass[] = "YOURPASSWORD" ;

void setup()
{
  // Debug console
  Serial.begin(115200) ;

  Blynk.begin(auth, ssid, pass) ;
  Blynk.syncAll() ;
}

void loop()
{
  Blynk.run() ;
}
開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP32-DEVC-HOMEでBlynk

ESP32-DEVC-HOMEはWiFiインターフェースを持ったESP32-DevKitCに様々な入出力を追加する拡張ボードです。ESP32-DEVC-HOMEは、BlynkのIoTデバイスとして、様々な利用が可能です。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP8266: U8G2ライブラリによるOLEDディスプレイの利用

ESP8266-LEAFやESP8266-KEYには、I2Cで接続するOLEDディスプレイを接続できます。

ここでは、U8G2ライブラリを使用して、このOLEDディスプレイに文字表示を行う方法を示します。


ライブラリのインストール

U8G2ライブラリは、以下のURLで公開されています。

開発ソフト: 

ESP8266-LEAF-R5でBlynk

Blynkライブラリは以下のURLで公開されています。
https://github.com/blynkkk/blynk-library

開発ソフト: 
技術: 

ESP32工作室

BlynkでのIoT実験情報はこちら
http://www.microfan.jp/iot/blynk/esp32/index

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-DEVC-HOME

ESP32-DEVC-HOMEの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ご自身ではんだ付けするキットです。ESP32-DEVKITCは別売りです。

Blynkを使用した様々なIoTアプリケーションを作成することができます。
Blynkでの利用例は以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/iot/blynk/esp32/index


  • ESP32-DevKitCを利用したIoTシステムの試作や実験を行う開発ボードキットです。
  • ESP32-DevKitCは別途ご用意ください。
  • OLEDディスプレイを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • BME280センサーを装備しており、温度、湿度、気圧を計測することができます。
  • タクトスイッチ、LED、圧電サウンダを装備しています。
  • 赤外線リモコン用の送受信装置を装備しています(適切なライブラリがなくテストを行っていません)。
  • 5V用のI2Cデバイスや、RCサーボ/カラーLED:WS2812などの接続回路を備えています。
  • ACアダプタ用のDCジャックを備えています。ACアダプタには、5V出力で2A程度の容量のものをご利用ください。
  • 内部のフラッシュメモリに接続されているESP-WROOM-32の17-22ピンは引き出されていません。
  • 基板のシルク印刷の一部に誤りがあります。


ESP32-DEVC-HOME-R1(キット)

ネットショップ:


ESP32-DEVC-HOME(組み立て例:別売りのESP32-DevKitCを含む)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-KEY

ESP32-KEYの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ピンヘッダーとピンソケットはご自身ではんだ付けしてください。


  • ESP-WROOM-32をブレッドボードで利用できるようにする端子ピッチの変換基板です。
  • 450mVと低ドロップの電圧レギュレータと、ACアダプタ用のDCジャックを備えています。
  • ACアダプタには、5V出力で2A程度の容量のものをご利用ください。6Vを超えるACアダプタを接続すると故障の原因となりますのでご注意ください。
  • リセットボタンとフラッシュ書き込みモード用のボタンを備えています。
  • USBインターフェースモジュール(別売)を接続するコネクタを装備しており、Arduino IDEなどからのプログラムの書き込みを行うことができます。
  • OLEDディスプレイ(別売)を接続するコネクタを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • 内部のフラッシュメモリに接続されているESP-WROOM-32の17-22ピンは未接続となっています。


ESP32-KEY-R1

ネットショップ:


ESP32-KEY

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-DEVC-KEY

ESP32-DEVC-KEYの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ご自身ではんだ付けするキットです。ESP32-DEVKITCは別売りです。


  • ESP32-DEVKITC(別売)をブレッドボードで利用する際の利便性を高める端子幅の変換基板キットです。
  • ACアダプタ用のDCジャックを備えています。
  • ACアダプタには、5V出力で2A程度の容量のものをご利用ください。
  • OLEDディスプレイ(別売)を接続するコネクタを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • 5V用のI2Cデバイスの接続回路を備えています。
  • USBケーブルや電源ケーブルが邪魔にならないように、それらのコネクタを奥側に配置しています。
  • 内部のフラッシュメモリに接続されているESP-WROOM-32の17-22ピンはブレッドボード用にピンとは別に引き出されています。


ESP32-DEVC-KEY-R1(キット)

ネットショップ:


ESP32-DEVC-KEY(組み立て例:別売りのESP32-DevKitCを含む)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-KEY-KIT

ESP32-KEY-KITの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ご自身ではんだ付けするキットです。ESP-WROOM-32は別売りです。


  • ESP-WROOM-32(別売)をブレッドボードで利用できるようにする端子ピッチの変換基板キットです。
  • ESP-WROOM-32は別途ご用意ください。
  • 450mVと低ドロップの電圧レギュレータと、ACアダプタ用のDCジャックを備えています。
  • ACアダプタには、5V出力で1A以上の容量のものをご利用ください。6Vを超えるACアダプタを接続すると故障の原因となりますのでご注意ください。
  • リセットボタンとフラッシュ書き込みモード用のボタンを備えています。
  • USBインターフェースモジュール(別売)を接続するコネクタを装備しており、Arduino IDEなどからのプログラムの書き込みを行うことができます。
  • OLEDディスプレイ(別売)を接続するコネクタを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • 内部のフラッシュメモリに接続されているESP-WROOM-32の17-22ピンは未接続となっています。


ESP32-KEY-KIT-R1(キット)

ネットショップ:


ESP32-KEY-KIT(組み立て例)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - ESP-WROOM-32