You are here

IoT

I2C-PLUS ミニシールド

I2C-PLUSは、信号線が3.3VのI2CデバイスをArduino UNOで手軽に利用できるようにするミニシールドです。
通信線としてI2Cを利用するセンサーや入出力デバイスが増えていますが、信号線が3.3Vとなっているものが多く、Arduino UNOの信号は5Vとなっているために、そのままでは手軽に接続することができませんでした。

I2C-PLUSの組み立て例

I2C-PLUSの特徴を以下に示します。


  • 5VのI2C信号を3.3Vに変換し、3.3Vに対応したI2Cデバイスを接続できます。
  • 3.3Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を2個装備しています。
  • 5Vの信号線のI2Cデバイスを接続できる端子を1個装備しています。
  • 環境センサーモジュールGY-BME280を基板上に搭載できます。
  • 加速度・ジャイロセンサーモジュールGY521を基板上に搭載できます。
  • リアルタイムクロックモジュールDS3231を基板上に搭載できます。
  • 128x64ピクセルのOLEDディスプレイもしくは、8文字x2行の文字LCDディスプレイを基板上に搭載できます。
  • SCL, SDLとして使用されているA4, A5を除き、デジタルピンD0-D13, アナログピンA0-A3は未使用なので自由に使用することができます。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのミニシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

I2C-PLUSは、Arduino MEGA など、Arduino UNO以外のArduinoボードでは利用できませんのでご注意ください。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

Blynkの基本

ESP32,ESP8266,UNOなどのIoTデバイスの種類に依存しない基本事項についていくつか説明します。

開発ソフト: 
技術: 

Blynk: Widget

[Labeled VALUE]などの
[READING RATE]の選択


  • PULL型: BlynkアプリからIoTデバイスにデータを要求する間隔
  • PUSH型: [PUSH]
  • 開発ソフト: 
    技術: 

    ESP32: BlynkでRCサーボ

    ESP32-DEVC-HOMEやESP32-DEVC-KEYでRCサーボを操作します。
    http://www.microfan.jp/esp32/esp32-devc-home

    開発ソフト: 
    MCUチップ: 

    ESP32: BlynkでPWM機能を使ったLEDの明るさ制御と音の出力

    ESP32のPWM機能を利用して、LEDの明るさを制御するとともに、ピエゾスピーカー(圧電サウンダー)の音を鳴らしてみましょう。
    使用するボードはESP32-DEVC-HOMEです。

    開発ソフト: 
    MCUチップ: 

    ページ

    Subscribe to RSS - IoT