You are here

IoT

Blynkの基本

ESP32,ESP8266,UNOなどのIoTデバイスの種類に依存しない基本事項についていくつか説明します。

開発ソフト: 
技術: 

Blynk: Widget

[Labeled VALUE]などの
[READING RATE]の選択


  • PULL型: BlynkアプリからIoTデバイスにデータを要求する間隔
  • PUSH型: [PUSH]
  • 開発ソフト: 
    技術: 

    ESP32: BlynkでRCサーボ

    ESP32-DEVC-HOMEやESP32-DEVC-KEYでRCサーボを操作します。
    http://www.microfan.jp/esp32/esp32-devc-home

    開発ソフト: 
    MCUチップ: 

    ESP32: BlynkでPWM機能を使ったLEDの明るさ制御と音の出力

    ESP32のPWM機能を利用して、LEDの明るさを制御するとともに、ピエゾスピーカー(圧電サウンダー)の音を鳴らしてみましょう。
    使用するボードはESP32-DEVC-HOMEです。

    開発ソフト: 
    MCUチップ: 

    UNO: Blynkで環境ログ

    BME280という環境センサーを利用すると、このセンサーだけで温度、湿度、気圧が計測できるのでとても便利です。
    しかしながら、最近の多くのセンサーチップと同様に、稼働および信号電圧が3.3Vであるため、5Vで稼働しているArduino UNOには、直接接続できないという問題があります。

    開発ソフト: 
    MCUチップ: 

    ページ

    Subscribe to RSS - IoT