You are here

LED

PIXEL-CUBE

準備中

3D LED CUBEだよ。
WS2812Bを使用しています。
以下の3種類をご提供します。


  • Arduino UNO用
  • ESP8266-LEAF(ESP-WROOM-02)用
  • PIC18(PINGUINO)用

開発ソフト: 

ESP8266-BLADE-CLCD

ESP8266-BLADE-CLCDはESP-WROOM-02を単なるWiFiの無線LAN装置としてではなく、32ビットプロセッサを搭載した無線LAN機能付のMCUとして利用するために開発されたボードです。また、ESP8266の稼働時に必要となる様々な情報をモニタリングできるように、文字液晶ディスプレイを標準で搭載しています。

ネットショップ:

ESP8266-BLADE-CLCD

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PICSYS18-SPのLEDアレイ表示

LEDアレイの表示

。。。少々写真がわかりにくいのですが、基板上部の中央のLEDが光っています。:-)

開発ソフト: 
技術: 

スイッチとLED

DUO-GL128-PIC24Fでは、グラフィックLCDの制御に多くの信号線を必要とする一方で、28ピンのPIC24Fでは使える信号線の数が限られているため、グラフィックLCDのデータ線と、スイッチの信号線を兼用する様に設計されています。このため、スイッチが接続されている信号線を単純に読むだけでは、グラフィックLCDのデータと混線してしまうという問題があります。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

PWMによるLED表示

PICSYS18では、4個までのPWM出力を任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
PWM出力の制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにLEDなどを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

LEDの点滅

PIC-DEV-690RLに搭載されているLEDを点滅させる簡単なスケッチを紹介します。

このスケッチは、以下のボードでもそのまま動きます。(MPLABプロジェクトのデバイス設定や、ボードを指定するマクロ定義などはそれぞれに合わせた変更が必要です)

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

LED点灯

PIC-DEV-886RLを評価ボードとして、PIC16F886のプログラム例を紹介します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

光あれ

電子工作で光ものといえばLEDですね。電子工作の基礎の基礎、LEDの点灯実験をしましょう。

LEDには2本の足があり、それぞれアノード(足の長いほう)とカソードと呼ばれます。電流はアノードからカソードに流れ、発光します。このため、アノードが+側、カソードが?側になるように配線して利用します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - LED