You are here

圧電サウンダー

GL12864-STATION

GL12864-STATIONの概要

GL12864-STATION は基本的で利用範囲の広い128X64ピクセルのグラフィック液晶ディスプレイを装備し、SPIとI2CでArduinoやPICに接続できる文字表示拡張ボードキットです。
GL12864-STATION はArduino の入門者にはもちろん、Arduino の基本機能を一通り習得し、応用に取り組みたい人が手元に置いておくと重宝する文字液晶拡張ボードです。

GL12864-STATIONの組み立て例

GL12864-STATION の特徴を以下に示します。


  • コンパクトな基板上に一通りの入出力装置を搭載しています。
  • グラフィック液晶ディスプレイはSPIインターフェースで高速に制御できます。
  • タクトスイッチとオプションのセンサー群は2本のI2Cインターフェースで制御できます。
  • グラフィック液晶ディスプレイは128X64ピクセルのグラフィック表示が可能でバックライトの点滅を制御できます。
  • 7個のタクトスイッチを搭載しています。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • 環境センサーBME280、加速度・ジャイロセンサーMPU6050、リアルタイムクロックDS3231モジュール(別売り)などの接続端子を装備しています。
  • 電源電圧は5Vです。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoの拡張ボードとして開発されており、対応のライブラリで手軽に独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

DUAL-DML-STATION

DUAL-DML-STATIONの組み立て例


DUAL-DML-STATIONの回路図を示します。

IoT-BOOSTER

IoT-BOOSTERの概要

IoT-BOOSTERは、IoT実験でよく利用されるセンサーや入出力装置をコンパクトにまとめたArduino UNO用のシールドキットです。
IoT-BOOSTERとBlynkを使用すると、Arduinoで手軽に多様なIoT実験やIoTシステムの開発を行うことができます。

Arduino UNO R3に対応しています。

IoTデバイスはネットワークに接続する必要があり、一般的にArduinoボードをネットワークに接続するためにはイーサシールドを使用します。
Blynkでは、Arduinoボードにイーサシールドなどを接続しなくても、USBケーブルでつながったPCをゲートウェイとしてArduino UNOをインターネットに接続できるため、IoT-BOOSTERだけで手軽に多様なIoT実験を行うことができます。
http://www.microfan.jp/iot/blynk/arduino/index

IoT-BOOSTERの組み立て例


  • 環境センサーBME280を搭載し、温度、湿度、気圧を計測することができます。
  • 赤外線LEDを搭載し、赤外線リモコンに対応した家電機器を操作する機能を実現することができます。
  • 赤外線受信機を搭載し、赤外線リモコンの信号を受信・解析することができます。
  • 明るさセンサーを搭載し、周囲の明るさを取得することができます。
  • 圧電サウンダーを搭載し、電子音を鳴らすことができます。
  • LEDを2個搭載しています。
  • 5VのI2C機器を接続する端子を装備しています。
  • I2Cの信号を3.3Vに変換する回路を搭載しており、3.3VのI2C機器を接続する端子を装備しています。
  • 焦電センサ(人感センサ)などの外部デバイスを接続できる端子を装備しています。
  • RCサーボやNeoPixel/WS2812カラーLEDを接続できる端子を2個装備しています。
  • タクトスイッチを4個搭載しています。
  • OLEDディスプレイ(別売り)を搭載することができます。

ネットショップ:

開発ソフト: 
MCUチップ: 

CL1602-STATION

CL1602-STATIONの概要

CL1602-STATION は基本的で利用範囲の広い16文字X2行の文字液晶ディスプレイを装備し、I2CでArduinoやPICに接続できる文字表示拡張ボードキットです。
CL1602-STATION はArduino の入門者にはもちろん、Arduino の基本機能を一通り習得し、応用に取り組みたい人が手元に置いておくと重宝する文字液晶拡張ボードです。

CL1602-STATIONの組み立て例

CL1602-STATION の特徴を以下に示します。


  • コンパクトな基板上に一通りの入出力装置を搭載しています。
  • 2本のI2Cインターフェースと1本の圧電サウンダー用信号のみで制御できます。
  • 液晶ディスプレイは16文字X2行の文字表示が可能でバックライトの点滅を制御できます。
  • 7個のタクトスイッチを搭載しています。
  • 1個のLEDを搭載しています。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • リアルタイムクロックDS3231モジュール(別売り)の接続端子を装備しています。
  • 電源電圧は5Vです。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoの拡張ボードとして開発されており、LiquidCrystalに準じたライブラリで手軽に独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

DML-TRY

DML-TRY は8x8の赤色のドットマトリックスLEDを装備した、Arduino UNO/MEGA/Leonardo R3用シールドキットです。DML-TRY はArduino の入門者に最適なシールドです。

DML-TRYの組み立て例

DML-TRY の特徴を以下に示します。


  • 8x8の赤色のドットマトリックスLEDを搭載しています。
  • 4個のタクトスイッチを搭載しています。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • 加速度・ジャイロセンサーMPU6050の接続端子を装備しています。
  • 超音波距離センサーの接続端子を装備しています。
  • 5Vと3.3VのI2Cデバイスをそれぞれ1つ接続できる端子を装備しています。
  • I2Cの信号を5Vと3.3Vで変換する回路を内蔵しており、3.3VのI2Cデバイスを安全に接続できます。
  • RCサーボやWS2812/NeoPixelカラーLEDを接続できる端子を搭載しています。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

UNO: Blynkで音を鳴らそう

Arduino UNOにピエゾスピーカー(圧電サウンダー)を接続して、音を鳴らしてみましょう。

ここでは、ピエゾスピーカーをGNDとD8に繋ぎました。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

OLED-PLUS OLEDミニシールド

OLED-PLUSの概要

OLED-PLUS は基本的で利用範囲の広い128x64ピクセルのOLEDグラフィックスディスプレイを装備した、Arduino UNO/MEGA/Leonardo R3用シールドキットです。OLED-PLUS はArduino の入門者にはもちろん、Arduino の基本機能を一通り習得し、応用に取り組みたい人が手元に置いておくと重宝するグラフィックスシールドです。

OLED-PLUSの組み立て例

OLED-PLUS の特徴を以下に示します。


  • コンパクトな基板上に一通りの入出力装置を搭載しています。
  • 2本のI2Cインターフェースと1本の圧電サウンダー用信号のみで制御できます。
  • OLEDディスプレイは128x64ピクセルのグラフィックス表示が可能です。
  • 6個のタクトスイッチを搭載しています。
  • 2個のLEDを搭載しています。
  • 圧電スピーカーを装備し、ビープ音などの電子音の出力を行えます。
  • 環境センサーBME280や、加速度・ジャイロセンサーMPU6050の接続端子を装備しています。
  • 5Vと3.3VのI2Cデバイスをそれぞれ1つ接続できる端子を装備しています。
  • I2Cの信号を5Vと3.3Vで変換する回路を内蔵しており、3.3VのI2Cデバイスを安全に接続できます。
  • Arduinoボードのデジタル端子D0-D7, アナログ端子A0-A3(A5: UNO以外)が自由に利用できます。
  • 電子工作で広く利用されているArduinoのシールドとして開発されており、手軽に利用できるArduinoのIDEを利用して独自のスケッチを行えます。

ネットショップ:

開発ソフト: 

ESP32: 音の出力

ESP32のPWM機能を利用して、ピエゾスピーカー(圧電サウンダー)で音を鳴らしてみましょう。
使用するボードはESP32-DEVC-HOMEです。
http://www.microfan.jp/esp32/esp32-devc-home

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32: BlynkでPWM機能を使ったLEDの明るさ制御と音の出力

ESP32のPWM機能を利用して、LEDの明るさを制御するとともに、ピエゾスピーカー(圧電サウンダー)の音を鳴らしてみましょう。
使用するボードはESP32-DEVC-HOMEです。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: Blynkで圧電サウンダー:ピエゾスピーカー

ESP8266-LEAF-R5にピエゾスピーカー(圧電サウンダー)を接続して、音を鳴らしてみましょう。

ここでは、ピエゾスピーカーをGNDとD13(GPIO13)に繋ぎました。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - 圧電サウンダー