You are here

RCサーボ

PICSYS18-SPでRCサーボを動かそう

PICSYS18では、4個までのRCサーボを簡単に制御することができます。また、PICSYS18-SPには、RCサーボの接続を想定したコネクタ/ピンヘッダーを2個用意しています。ただし、PICSYS18-SPでRCサーボをご利用の際には、以下の点にご注意ください。

開発ソフト: 
技術: 

PICSYS18-XBEEでRCサーボを動かそう

PICSYS18では、4個までのRCサーボを簡単に制御することができます。また、PICSYS18-XBEEには、RCサーボの接続を想定したコネクタ/ピンヘッダーを2個用意しています。ただし、PICSYS18-XBEEでRCサーボをご利用の際には、以下の点にご注意ください。

開発ソフト: 
技術: 

CLCD-BOOSTER

CQ出版者様のCQエレクトロニクス・セミナにCLCD-BOOSTERが採用されました。2009年8月8日、22日から実施されるAVR実習にご参加の上CLCD-BOOSTERをご活用ください。

ArduinoのリファレンスボードやPICSYSのArduinoスタイルボードに文字LCD、スイッチ、温度・光センサ、XBeeなどを一括接続するいわゆるシールドです。 標準的な入出力装置群を一括してArduinoボードに接続して手軽に利用できるため、初心者にもヘビーユーザにもオススメの1台です。

ネットショップ:好評発売中

ボードは組み立て済みですのですぐにご利用いただけます。

CLCD-BOOSTER

Arduino IDEの標準ライブラリとして提供されているLiquidCrystalライブラリを利用して文字LCDにメッセージを出力してみました。

開発ソフト: 

RCサーボの利用

サーボモータが要求する電流容量などに注意する必要がありますが、DUO-GL128-PIC24FのCN4にはRCサーボ2個を接続できる様に設計されており、CN4コネクタのVCCには、USBバスから得た5Vの電源電圧が供給され、RCサーボを駆動できるようになっています。RCサーボ用の電源はUSBから確保する様に設計されているため、電池駆動時にはRCサーボを利用できないのでご注意ください。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

USB経由のRCサーボ制御

PIC24F-MOD-GA002UにはUSB通信チップが実装されており、PCと簡単に通信することができます。ここでは、Windowsのハイパーターミナルなどを利用してキーボードから入力した数値でRCサーボの回転角を制御するプログラムを示します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

RCサーボの利用

PIC24F-MOD-GA002Uには小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

RCサーボの利用

PIC18F-MOD-2553には小さなモジュール基板上に、タクトスイッチ、LED、外部装置の接続端子などが実装されているため、ブレッドボードなどを使用しなくても、いろいろな実験を行うことができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

RCサーボの利用

RCサーボの利用

PICSYS18では、4個までのRCサーボを任意のI/Oピンに接続し、制御することができます。
RCサーボの制御は、基本的に2つの操作で行います。例えばRB0ポートにRCサーボを接続した場合、以下の2つの操作を行います。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ページ

Subscribe to RSS - RCサーボ