You are here

温度センサー

ESP8266でThingSpeak

ESP8266-LEAF-R5とThingSpeakを利用してIoT実験を行ってみました。
http://www.microfan.jp/esp8266/esp8266-leaf

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266-SEED

ESP8266-SEEDはIoT実験の核:種(SEED)として利用するためのボードとして開発されました。
赤外線リモコンの送受信機能が基本機能として組み込まれており、環境センサーBME280を搭載することも可能です。
また、用途に応じたちょっとした回路を搭載できるフリーエリアを備えています。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-DEVC-HOME

ESP32-DEVC-HOMEの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ご自身ではんだ付けするキットです。ESP32-DEVKITCは別売りです。

Blynkを使用した様々なIoTアプリケーションを作成することができます。
Blynkでの利用例は以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/iot/blynk/esp32/index


  • ESP32-DevKitCを利用したIoTシステムの試作や実験を行う開発ボードキットです。
  • ESP32-DevKitCは別途ご用意ください。
  • OLEDディスプレイを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • BME280センサーを装備しており、温度、湿度、気圧を計測することができます。
  • タクトスイッチ、LED、圧電サウンダを装備しています。
  • 赤外線リモコン用の送受信装置を装備しています(適切なライブラリがなくテストを行っていません)。
  • 5V用のI2Cデバイスや、RCサーボ/カラーLED:WS2812などの接続回路を備えています。
  • ACアダプタ用のDCジャックを備えています。ACアダプタには、5V出力で2A程度の容量のものをご利用ください。
  • 内部のフラッシュメモリに接続されているESP-WROOM-32の17-22ピンは引き出されていません。
  • 基板のシルク印刷の一部に誤りがあります。


ESP32-DEVC-HOME-R1(キット)

ネットショップ:


ESP32-DEVC-HOME(組み立て例:別売りのESP32-DevKitCを含む)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - 温度センサー