You are here

WiFi

ESP8266: BlynkでRCサーボ

ESP8266-LEAF-R5でRCサーボを操作します。

ESP8266-LEAF-R5には、5Vの電源とレベルを5Vに変換した信号を出力する端子が装備されており、RCサーボやWS2812カラーLEDを直接接続することができます。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266: BlynkでNeoPixel: WS2812 カラーLED

WS2812(NeoPixel)/RCサーボの接続端子

NeoPixel/WS2812は電源も信号も定格が5Vとなっているため、生のESP-WROOM-02では、接続して適切に動かすことはできません。

開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP8266-LEAF-R5ではじめてのBlynk

Blynkの最小スケッチ

ESP8266-LEAF-R5でBlynkで遊ぶ最少のスケッチ。

このスケッチはBlynkの実質的に最少のスケッチで、ESP8266-LEAF-R5の構成に合わせた特別なコードは含まれていません。
実質的に、初期化のbegin()メソッドと、基本的な処理のrun()メソッドだけで何ができるでしょう?

#define BLYNK_PRINT Serial

#include <ESP8266WiFi.h>
#include <BlynkSimpleEsp8266.h>

// BlynkのAuth Tokenを設定
char auth[] = "YOURAPPAUTHTOKEN" ;

char ssid[] = "YOURSSID" ;
char pass[] = "YOURPASSWORD" ;

void setup()
{
  // Debug console
  Serial.begin(115200) ;

  Blynk.begin(auth, ssid, pass) ;
}

void loop()
{
  Blynk.run() ;
}
開発ソフト: 
MCUチップ: 
技術: 

ESP8266: Blynkで環境ログ(データの蓄積利用)

Blynkの使用例では、IoTデバイスを対話的に操作する例が多いですが、ここではThingSpeakを利用するアプリケーションと同様に、計測データをIoTプラットフォーム(この場合はBlynkサーバー)に蓄積して、現時点のIoTデバイスの計測値ではなく、サーバーに蓄積された計測値の継時変化を表示するためのスケッチを示します。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP-WROOM-02でBlynk

Blynkライブラリは以下のURLで公開されています。
https://github.com/blynkkk/blynk-library

開発ソフト: 
技術: 

ESP8266でThingSpeak

ESP8266-LEAF-R5とThingSpeakを利用してIoT実験を行ってみました。
http://www.microfan.jp/esp8266/esp8266-leaf

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266-SEED

ESP8266-SEEDはIoT実験の核:種(SEED)として利用するためのボードとして開発されました。
赤外線リモコンの送受信機能が基本機能として組み込まれており、環境センサーBME280を搭載することも可能です。
また、用途に応じたちょっとした回路を搭載できるフリーエリアを備えています。

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-DEVC-HOME

ESP32-DEVC-HOMEの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ご自身ではんだ付けするキットです。ESP32-DEVKITCは別売りです。

Blynkを使用した様々なIoTアプリケーションを作成することができます。
Blynkでの利用例は以下のページをご参照ください。
http://www.microfan.jp/iot/blynk/esp32/index


  • ESP32-DevKitCを利用したIoTシステムの試作や実験を行う開発ボードキットです。
  • ESP32-DevKitCは別途ご用意ください。
  • OLEDディスプレイを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • BME280センサーを装備しており、温度、湿度、気圧を計測することができます。
  • タクトスイッチ、LED、圧電サウンダを装備しています。
  • 赤外線リモコン用の送受信装置を装備しています(適切なライブラリがなくテストを行っていません)。
  • 5V用のI2Cデバイスや、RCサーボ/カラーLED:WS2812などの接続回路を備えています。
  • ACアダプタ用のDCジャックを備えています。ACアダプタには、5V出力で2A程度の容量のものをご利用ください。
  • 内部のフラッシュメモリに接続されているESP-WROOM-32の17-22ピンは引き出されていません。
  • 基板のシルク印刷の一部に誤りがあります。


ESP32-DEVC-HOME-R1(キット)

ネットショップ:


ESP32-DEVC-HOME(組み立て例:別売りのESP32-DevKitCを含む)

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP32-KEY

ESP32-KEYの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ピンヘッダーとピンソケットはご自身ではんだ付けしてください。


  • ESP-WROOM-32をブレッドボードで利用できるようにする端子ピッチの変換基板です。
  • 450mVと低ドロップの電圧レギュレータと、ACアダプタ用のDCジャックを備えています。
  • ACアダプタには、5V出力で2A程度の容量のものをご利用ください。6Vを超えるACアダプタを接続すると故障の原因となりますのでご注意ください。
  • リセットボタンとフラッシュ書き込みモード用のボタンを備えています。
  • USBインターフェースモジュール(別売)を接続するコネクタを装備しており、Arduino IDEなどからのプログラムの書き込みを行うことができます。
  • OLEDディスプレイ(別売)を接続するコネクタを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。
  • 内部のフラッシュメモリに接続されているESP-WROOM-32の17-22ピンは未接続となっています。


ESP32-KEY-R1

ネットショップ:


ESP32-KEY

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ESP8266-KEY

ESP8266-KEYの概要

IoTなどの試作・実験用のキーモジュールとして開発されました。
ピンヘッダーとピンソケットはご自身ではんだ付けしてください。


  • ESP-WROOM-02をブレッドボードで利用できるようにする端子ピッチの変換基板です。
  • 450mVと低ドロップの電圧レギュレータと、ACアダプタ用のDCジャックを備えています。
  • ACアダプタには、5V出力で1A以上の容量のものをご利用ください。6Vを超えるACアダプタを接続すると故障の原因となりますのでご注意ください。
  • リセットボタンとフラッシュ書き込みモード用のボタンを備えています。
  • USBインターフェースモジュール(別売)を接続するコネクタを装備しており、Arduino IDEなどからのプログラムの書き込みを行うことができます。
  • OLEDディスプレイ(別売)を接続するコネクタを装備しており、128x64ドットの画面に、グラフィックスや文字の表示を行うことができます。


ESP8266-KEY-R1

ネットショップ:


ESP8266-KEY

開発ソフト: 
MCUチップ: 

ページ

Subscribe to RSS - WiFi